1998年10月5日(月)

晃石山  てるいしさん 栃木県 419m 2名
太平山  おおひらさん 栃木県 343m
最寄り駅  東武日光線「新大平下駅」 
参考
歩行時間
 3時間45分

参考
コースタイム

 新大平下駅→50→大中寺→1:20→晃石山神社→5→晃石山→40→太平山→30→客人神社→20→新大平下駅


 新大平駅前から右へ進み、県道、両毛線踏切を渡り、人家の間の道を庭木を楽しませていただきながら、15分くらい歩く。気をつけていないとうっかり通り過ぎてしまう指導標(実際全然気がつかず通り過ぎてしまった)を、左に入っていくと、雑木林になる。道に落ちた栗のいがを足でむき、小さな実を取り出したりして遊びながら歩く。
 あじさい寺として知られる大中寺へ参り、門前の小さな店で80歳を過ぎたというおばあさんの手作りとうふのやっこをいただく。これはおいしかった。
 ここも気がつきにくい指導標を見落とし、おばあさんの言葉にしたがい清水寺へ、農家や畑の間の道を歩く。
 清水寺までの道の脇の雑木林にあけびを発見。「危ないよ、怪我するよ」という K さんを尻目に、猿のように身軽に(?)登っていって採ってくる。「昔とった杵柄よ、ほっ」…あま〜い、懐かしい味でした。
 またもや道間違え。登山道に入る道と展望台への道を間違えて、やっと登った階段をぶつぶつ言いながら降りる。
 だんだん急になる斜面を見上げながら、K さんが後ろで、「ああ、もうだめ、もう来ない、私には山は向いてない」などと弱音を吐く。
 晃石山(てるいしさん)神社でサンドイッチのお昼タイム。晃石山てるいしさん)(419m)から太平山おおひらさん)(343m)山頂へとたどる。
 かつて上杉謙信が関東平野を見渡しその広さに感嘆したという、謙信平けんしんだいら)からの眺めをゆっくり楽しむ。ここは桜の季節はことさら美しいだろうと思われる。
 出足が遅かったのと、途中、栗を拾ったり、あけびをとったりと、のんびりペースだったので、客人神社の石段にさしかかるころはあたりは薄暗くなってきた。石段を降りきって舗装道路に出て、犬の散歩の人に逢い、人家の灯りが見えてきてほっとする。新大平駅に戻ってくるころは、もう真っ暗だった。
 仮りにも山へ行こうというのなら、朝早く出なくっちゃ…と、反省。



2004年6月29日の太平山のページへ

2007年7月1日の太平山のページへ

2012年3月11日の太平山〜晃石山〜馬不入山〜岩船山のページへ

2013年12月1日の太平山〜晃石山〜馬不入山のページへ


小田代ケ原のページへ行きます。 行道山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームぺージに戻ります。