1999年11月

顔振峠  かあぶりとおげ
 埼玉県 500m 2名
越上山  おがみやま
 埼玉県 567m
最寄り駅  西武池袋線 往き「吾野駅」 帰り「東吾野駅」 
参考
歩行時間
 3時間30分
参考
コースタイム
 吾野駅→1:00→顔振峠→10→顔振峠見晴台→35→越上山→1:00→ユガテ→45→東吾野駅 

 高い山はダメだけど、「秩父にハイキングに行きたーい」、というさんと、義経・弁慶主従がみちのくへの道すがら、この峠を越えるとき、あまりの眺めのよさに、顔を左右に振りつつ歩いたという伝説のある、顔振峠かあぶりとうげ)に登る。
 天気もよく絶好のハイキング日よりで、顔振峠見晴台には、大勢の人、人。

 周囲の山々をじっくりと眺めたあと、越上山(567m)の頂上でお昼。展望もないけれど、人もいない。

 お湯を沸かしてカップラーメンを食べる。家ではほとんど食べないのに、なんで山の上だとこんなにおいしいんだろう。 F さんは感激して記念撮影を強要(?)

 奥武蔵の中で最も美しい山村という、ユガテに立ち寄る。不思議な空間だった。農家が二戸だけ。春、夏の花の多い時期にはことさらに美しいのだろうけれども、冬の雪の時期とか、夜には、静か過ぎるということはないのだろうか。きれいだけれど寂しいだった。

 東吾野駅に帰る途中の集落に無人野菜販売所があり、“かぼちゃ”のような“うり”のような野菜を買ってみる。スライスしてサラダにして食べると、それ自体ほとんど味はないがさっぱりとしていて歯ごたえがあり、固いきゅうりのような野菜だった。名前は…? 忘れた。


2001年4月10日のユガテ〜鎌北湖のページへ

2001年9月7日の黒山三滝のページへ

2005年6月19日の関八州見晴台〜顔振峠のページへ


高川山のページに戻ります。 鳴虫山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。