2001年3月28日(水)

 みかもやま 栃木県 229m 2名
最寄り駅  東武日光線「栃木駅」〜両毛線「岩舟駅」  または東武日光線「静和駅」
タクシー  「岩舟駅」から三毳山神社(1930円)
歩行時間  約3時間30分
コースタイム  三毳神社→中岳(210m峰)→かたくりの園→三毳の関跡→野草の園→60分→岩舟駅

 雨の降りそうな朝、岩殿山へ行こうとさんと出かける。岩殿山は岩場があり、鎖もあるということなので、雨が降ったら、滑ってあぶないのでは? と、カタクリが見頃のみかも山に進路変更をする。武蔵野線を急きょ、南越谷で降り、東武日光線に乗り換える。

 岩舟駅でタクシーに乗る。「かたくりの里」より「かたくりの園」の方が花が多いというので、南側のみかも神社から歩くことにする。


長い階段 神社の手前の駐車場のところには、手作りのサンドイッチやおまんじゅうが…。迷わず買う。にんじん、べにあずま等の3種類のおまんじゅう、皮がおいしい。あんこもおいしい。つまり全部おいしかった。
 満開の
ヒカンザクラ」の濃いピンクの色の木の左手から急登に入る。石段を登りきると奥社。ここから中岳に行く途中、ハングライダーをしている人に会う。ほとんど助走をしないで飛び出す。本人は気持ちよさそうだけれど、私は…いやだなぁ。
気持ちいいらしい、ハングライダー
 「かたくりの園」で満開のかたくりを堪能したあと、みかもの関の方に登る。平日なのにどこへ行ってもすごい人。バスツアーの客も多い。この時期は仕方ない。竜ヶ岳方面へ歩き、とちぎ花センターへの分岐を右にとり、野草の園でお昼にする。福寿草がほぼ終わり、シュンランがちらほら。人の手が大分かかっている公園で、家族連れで一日楽しむのにはいいかも。
 野草の園に戻り、ニリンソウアヅマイチゲを、見る。囲いがしてあって、一つ一つの花を近くでじっくり見られないのは残念

 ミツマタの花も満開。

見事なカタクリの群落

 自分へのお土産にカタクリの絵がついた「みかも焼き」のカップを買う。
 岩舟駅までの道は、のどかで、さわやかな春の風にあたりながら、楽しんで歩くことができた。ちょっと道を間違えたことを除けば、…。


 

2007年3月19日の三毳山のページへ

2015年3月26日の三毳山のページへ


大高取山へ戻ります。 百蔵山へ行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。