2001年7月22日(

開運山  かいうんざん 山梨県 1786m 開運の湯 3名
木無山  きなしやま 山梨県 1732m
最寄り駅  富士急行「河口湖」
バス  河口湖駅25分「三ツ峠登山口」¥710
 (4月〜11月の土日祝のみ運行)
参考
歩行時間
 4時間20分
参考
コースタイム
 三ツ峠登山口→1:40→開運山→1:40→送電線鉄塔→1:00→富士見台ロープウェイ駅
歩行時間  4時間30分
コースタイム  三ツ峠登山口→2:00→開運山→20→木無山→2:10→富士見台ロープウェイ駅

 「お花畑に行きた〜い」という Kさんの意見で、 Mさんと3人、三ツ峠に行くことにした。三ツ峠は開運山(1786m)と御巣鷹山、木無山の総称で、富士山がよ〜く見えるということな ので、是非行きたいとは思っていたが、三つ峠駅から河口湖駅までの距離を歩くのには、ちょっと体力不足と思っていた。でもバスを使って登山口から歩けば、あとは三つ峠駅に下りるにしても、河口湖駅に戻るにしても、行けない距離ではないと、出かけることにしたのだ。
 バスの乗客は女性ばかり7人で、運転手さんは、いろいろなルートの説明をしてくれる。カーブが急になると気が気ではない。

 登山口から山頂までの道は広く、花や、蝶が多く、ついつい立ち止まりがち。しかし思いのほか頂上は近かった。

 開運山山頂からの富士山は雲で裾野だけしか見られなかったが、それでも眼下の眺めと吹く風の涼しさを楽しみながら、お昼を食べる。
 疲れた時にたまった乳酸を、コーヒーやかんぴょうに含まれる成分が消してくれるということなので、アイスコーヒーとかんぴょう巻きを持っていった。
お花畑だぁ〜 「母の白滝」と「天上山」の分岐

 「いいよね、そんな風にすぐ信じられちゃうと…」さんは呆れ顔。でも彼女の手にもアイスコーヒーが…。

河口湖駅前からの富士山 下山はやっぱり温泉のあるところへということで、河口湖の方に下りることにした。木無山から天上山のロープウェイ富士見台駅までの6kmの府戸ふと尾根の道は、緩やかで下りやすい。木無山付近では期待していた、ギボシ、アヤメなどが咲く花畑も見られた。

 下山後は、温泉「開運の湯」と「ほうとう」と、やっと顔を見せた富士山を楽しんで帰宅した。

 バスの運転手さんによると、駅前の信号から河口湖方面に数十メートル入った左手にある、「宮下売店(0555-72-0161)」の手延べのほうとう(ほうとう鍋¥950)はこのあたりでは一番だとのこと。確かに(^^)v




2007年9月9日の三ツ峠山のページへ

2014年11月19日の三ツ峠山のページへ


半月山のページに戻ります。 棒ノ折山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。