2001年9月24日(

岩殿山  いわどのさん 山梨県 634m 単独
最寄り駅  中央本線「大月駅」
参考
歩行時間
 3時間
参考
コースタイム
 大月駅→10→高月橋→20→丸山公園→20→岩殿山→20→築坂峠→20→兜岩→20→稚児落とし→40→浅利→30→大月駅
歩行時間  3時間25分
コースタイム  大月駅→45→岩殿山→5→築坂峠への分岐→1:10→稚児落とし→1:05→浅利→20→大月駅
二ヶ所目の鎖場
 抜けるような青空に誘われて、思い切って一人で出かけた。場所はかねてから気になっていた岩殿山いわどのさん634m)。電車から山肌の見える、大月駅から歩ける山だ。

 駅前を数メートル行った先を左に、アーチのある商店街を抜けて踏み切りを渡り、東京電力の脇を通り、T字路に出る。右に折れしばらく行くと国道にぶつかり、左手に高月橋が見える。橋を渡り道なりに少しずつ登って行くとまもなく、左手に丸山公園入り口がある。ここからジグザグの道をあがってゆくと、丸山公園に着く。展示館をちらっとのぞき、またジグザグの上り坂を進む。
 真っ青な空の下、少し雪化粧をした富士山がくっきり見える。やっぱり天気がいいのは山歩きを数十倍も楽しくする。右に左にと富士山を眺めながら進むと、まもなく、築坂峠つまさかとうげ)への分岐、揚城戸あげきど、そして岩殿山展望台に着く。
 この岩殿山には、戦国時代の山城があったということで、山のいたるところに、○○跡という案内が立っている。揚城戸跡も、大きな岩という、自然の地形を利用した山城ならではの遺構だということだ。
 展望台にはすでにいくつかのグループがいた。景色を楽しむのはあとにして、そのまま少し先の山頂に行く。電波塔があるだけで展望はよくない。展望台に戻り一休みし、FさんとKさんに「富士山、最高!」のメールを入れる。あとでこの景色、おすそ分けしよう。
 築坂峠分岐へ戻り、右に入る。急坂を下りきったところが築坂峠…ここが峠? 
 (・・)ん!?  真新しい熊目撃の看板がある! 
稚児落とし
 すぐに鈴を出して先を急ぐ。ここからまた登りになる。まもなく一ヶ所目の鎖場。一つ登るとすぐにもう一つ。しばらく行くと二ヶ所目の鎖場。このなかなかスリルのある鎖場を登りきったところが、兜岩だった。
 それほど起伏のない道を進み、浅利天神の祠にお参りし、進むとまもなく稚児落としが見えてくる。岩の上に休むハイカーが小さく見える。そのまま数分行けば浅利、金山の分岐で、浅利方面に進むと稚児落としの西端に出る。大きな岩の上で、左手に岩殿山を振り返り、右手に富士山を見ながら、お昼にする。 下山は30分ほどで浅利のバス停。バスは数分でくるようだったが、そのまま歩き、20分ほどで大月駅に着いた。
稚児落としの岩の上から岩殿山(中央)を見る

 三大山城  岩殿城(甲斐)、吾妻城(上野)、久能城(駿河)



2009年11月15日の岩殿山のページへ



巾着田のページに戻ります。 那須連山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。