2001年10月19日(金)

伊豆ケ岳  いずがたけ 埼玉県 851m 単独
子の権現  ねのごんげん 埼玉県 640m
最寄り駅  西武池袋線・秩父線
 往き: 「正丸」 帰り: 「吾野」
参考
歩行時間
 5時間10分
参考
コースタイム
 正丸→25→馬頭観音→1:05→伊豆ケ岳→20→古御岳→40→高畑山→40→天目指峠→40→子ノ権現→1:20→吾野
歩行時間  5時間25分
コースタイム  正丸→25→馬頭観音→10→実谷分岐→1:20→伊豆ケ岳→30→古御岳→20→高畑山→35→天目指峠→55→子ノ権現→25→降魔橋→10→浅見茶屋→35→吾野


 昨日までの雨が上がって、キュッと冷え込んだ朝、伊豆ケ岳(いずがたけ)から天目指峠(あまめさすとうげ)を通り、子ノ権現(ねのごんげん)までの道を歩こうと出かけた。
 ○○のかく乱(?)か、さんもさんも風邪。3度目の一人の山歩きだ。

斜めの変な階段  正丸駅右手の斜めの変な階段を降り、線路をくぐって、ところどころにツリフネソウの咲く、山村ののどかな道を行くと、20分ほどで、正丸峠方面と伊豆ケ岳方面の分岐に着く。馬頭観音にお参りし、伊豆ケ岳への山道に入る。しばらく行くと、パチンコ台を斜めにしたような斜面に出る。こんな斜面は下るより登るほうが歩きやすい。稜線に出て正丸峠からの道と出会いなお進むと、道は鎖場のある男坂となだらかな巻き道の女坂に分かれる。男坂の方は現在落石の危険があるため通行禁止とある。ルールは守るのが信条の私としては、もちろん迷わず女坂へ…と、前回は行った。
 周りを見回すが、誰もいない。自己責任において、男坂から行こうと決めた。
 ところどころ、足の長さの足りなさを感じるところもあったが、なんとか登りきり、振り返ると、これがなかなかの風景。
 (・・)ん? この風景、ここを登ってこなきゃ、見ることできないじゃん。
 通行禁止というのはもったいない。
眺め抜群 鎖場を上がって振り返ると…
大わらじ  伊豆ケ岳の頂上からは奥多摩の山々がよく見えた、が、毎度のことながら、どの山がどの山なのかよくわからない。一休みし、天目指峠方面に進む。登り下りを繰り返し、古御岳、高畑山を通り進むと車道に会う。そこが天目指峠で、車道の脇に東屋があったが、そのまま横切り、再び登りの山道に入る。少し行くと、眺めのいい場所に出たので、そこでお昼にする。山の中、一人でのんびりするのはなんだか落ち着かない。おにぎりを食べていたら、クマにガブッなんて・・・嫌だ。
 10〜15分で再び歩き始める。

 平日だからか、途中、子ノ権現まで一人の男性に会っただけだった。

 子ノ権現にはキンキラキンの鉄の大わらじがあり、足腰の神様として、千年以上の歴史があるという。ずっと、ずっと、歩きつづけられるようお参りして、吾野駅方面に向かう。途中、昭和7年創業の浅見茶屋の、ものすごくコシのある名物手打ちうどん(¥550)をいただいて、ゆっくり休んで帰った。

 

1999年3月の子の権現のページへ

1999年5月11日の伊豆ケ岳のページへ

2009年2月2日の子の権現のページへ

2011年6月6日のイモリ山〜子の権現のページへ

2012年3月19日の武川岳〜伊豆ヶ岳のページへ

2013年1月27日の伊豆ヶ岳〜武川岳のページへ

2013年2月17日の伊豆ヶ岳〜子の権現のページへ


三本槍・朝日岳のページに戻ります。 明神ケ岳〜明星ケ岳のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。