2002年2月1日(金)

陣馬山  じんばさん 神奈川 857m 2名
最寄り駅  中央線「高尾駅」
バス  京王バス「小仏」
参考歩行時間  4時間30分
参考コースタイム  小仏→50→小仏峠→40→景信山→1:20→明王峠→50→陣馬山→1:20→陣馬登山口→30→藤野駅
歩行時間  4時間50分
コースタイム  小仏→55→小仏峠→30→景信山→55→明王峠→40→陣馬山→1:20→陣馬登山口→30→藤野駅

 近くでのんびりと歩こうと、高尾山か陣馬山か、とにかく行ってから決めようということで、今回もまたKさんとふたり、ちょっと遅い出発だったが、ともかくも出かけた。
 小仏こぼとけ)でバスを降り、まず、すぐ近くにある宝珠寺に立ち寄り、天然記念物のカゴノキを見てから、小仏峠に向かう。途中、軽アイゼンをつけたものか迷うが、なんとかつけないで歩く。車道の終点から登山道に入っていく。
 小仏峠には大分雪が積もっていたが、天気もよく、気分もよいので、陣馬山に行くことにした。
カゴノキ…がある。
 道は凍っていたり、積もった雪にズボズボともぐるほどだったり、一部は溶けかけてグジュグジュだったりと様々で、歩きにくい。それでも、さすがに、メジャーな山歩きのコース、何人ものハイカーに遭った。
 
小仏峠からひと登りすると景信山かげのぶやま)の茶店前に出る。頂上はこの裏をまた少し登ったところで、振り返ると、高尾山方面に城山のパラボラアンテナが見える。右下には八王子の町、左手は相模湖方面で、低山だが、とても眺望がいい。
景信山の茶店前。
 風景を楽しみ、明王峠みょうおうとうげ)まで、真っ白な道をただもくもくと歩く。
 朝が遅かったためここでお昼休憩をとり、陣馬山に向かう。
 陣馬山の頂上は日当たりがよく、積もった雪が融けてぐちゃぐちゃになっていた。360度の展望があるが、少し霞んでいて、またもや富士山の顔は見えない。残念…。
 暖かく気持ちがよいので、案内板と実際にまわりの山々を見比べながら、あれやこれやと夢がふくらみ、小一時間を過ごす。
陣馬山頂上。
 今回の下りは一ノ尾根を行くことにした。なだらかにゆったりと下る尾根のとてもいい道で雪があってもそれほど気にならない。やがて人家が見え、見覚えのある陣馬の湯の看板が見えた。バス道路を数メートル行くと陣馬登山口のバス停がある。
 バスは案の定1時間後までないので、藤野駅まで歩く。幸いこの道には雪は残っていなかった。
 花もなく、富士山も見えなかったけれど、それでも、やっぱり楽しい山歩きだった。
気持ちのよい一ノ尾根。

 

2000年10月17日の陣馬山のページへ

2007年4月29日の陣馬山のページへ

2011年1月9日の陣馬山のページへ

2012年12月23日の陣馬山〜景信山のページへ


 幕山のページに行きます。

 ホームページに戻ります。