2003年6月26日(木)~27日(金)

尾瀬  おぜ 1969m(中原山) 群馬県、福島県温泉小屋5名
最寄りIC  関越道「沼田IC」
参考
歩行時間
1日目:3時間35分
2日目
:5時間55分
参考
コースタイム
1日目:鳩待峠→1:00→山ノ鼻→50→牛首→40→龍宮小屋→40→見晴→→温泉小屋
2日目:温泉小屋→→東電小屋→→ヨッピ橋→→龍宮小屋→→富士見田代→→中原山→→鳩待峠
歩行時間 1日目:3時間15分
2日目:5時間25分
コースタイム 1日目:鳩待峠→1:00→山ノ鼻→55→牛首→35→龍宮小屋→25→見晴→20→温泉小屋
2日目:温泉小屋→20→分岐→25→東電小屋→20→ヨッピ橋→25→龍宮分岐→1:50→富士見田代→20→アヤメ平→15→中原山→35→横田代→55→鳩待峠

 1日目

ツツジの赤が映える 雨天延期が1週間前。同じ降水確率60%でも、出発時に降っているかいないかで、気分は変わる。
 Oさんが行かれなくなり、Nさんが参加となって、みんなで5人、暗い空を眺めながら、朝5時半すぎに高速に乗る。
 いつもどおり、SAで朝食をとり、鳩待峠の駐車場に着いたのは9時30分。準備を整え10時過ぎ、歩き始めた。

 山ノ鼻までは少しずつ下る。途中で、杖をついたお年寄りがこのまま進もうか、戻ろうかと迷っていた。
 尾瀬というと平坦な道と考えるが、湿原を見るまでのこの道は、健常者にはなんてことない緩い下りだが、お年寄りには距離もあわせて、少々きついかもしれない。ワタスゲ

 山ノ鼻には、ビジターセンターや国民宿舎などの建物があり多くのハイカーが集っていた。ただこれでも最盛期よりははるかに少ないに違いない。
 またその湿原は植物研究見本園となっていてそこから至仏山は手が届きそうに近くに見える。イワカガミ、タテヤマリンドウ、ヒメシャクナゲなどの小さな花がポツリポツリと咲き、この先の行程を期待させる。
 ちょうど、水芭蕉は花が終わり、そのお化けのように大きな葉っぱだけになっている。ニッコウキスゲにはまだ早い。花はあまり期待できないと思っていたが、逆にこんな時期だからこそ、これらの数々の小さな花に会えるのだった。


ハクサンチドリ  早めのお昼をとり、いよいよ木道を見晴に向かってすすむ。
 後ろに至仏山、前に燧ケ岳。青空が覗き、陽がさしてきた。
 オレンジのツツジ、紫のアヤメ、スミレ、白のワタスゲ、ミツガシワ、そしていくつもの名前も知らない花。
 広大な尾瀬ヶ原の美しい景色を、いやというほど楽しみながら、どこまでも続く木道を進む。
温泉小屋

 龍宮小屋で一休みしていると、雨がポトポトと落ちてきた。大粒であっという間に本降りになった。
 カッパを着込み、イワカガミ、コバイケイソウ、ハクサンチドリなどが雨に濡れていきいきと咲き競うのを横目で見ながら、ともかく黙々と、宿泊予定の温泉小屋を目指す。
 温泉小屋は文字通り、温泉(鉱泉)があり、トイレも水洗、食事もとてもおいしく、快適な山小屋だった。



 2日目

 翌日も、今ひとつすっきりしない朝になった。降ってはいないが、今にも降り出しそうな天気だ。
 昨日の雨で行けなかった三条の滝に行ってから尾瀬ヶ原のほうに戻るか、それとも富士見田代~アヤメ平の方に行くか検討し、後者に決まる。
 東電小屋からヨッピ橋、龍宮小屋の十字路への道はまた少し違った風景が楽しめ、植物もちょっと違っている感じがする。
 龍宮小屋の十字路を突っ切り、少し行くとだんだんと登りになる。ゴゼンタチバナやエンレンソウが絨毯のようにびっしりと咲き詰めている。

富士見田代  富士見田代は小さなオアシスのような場所だった。沼の向こうに燧ケ岳。木道の脇にはイワカガミのピンクの花がいっぱい。風が心地よいその場所に、花を踏まないように足を投げ出し、早めのお昼にした。
 富士見田代からアヤメ平までの道もまたとても気持ちのよい道で、ゆる~く登って行きながら、イワカガミに加え、チングルマ、タテヤマリンドウの真っ盛りを楽しむ。ふと、映画「サウンドオブミュージック」(古い?)のマリアが高原でテーマを歌う、あの開放感いっぱいの1シーンを思い出した。
 尾瀬ヶ原もいいけれど、静かで(2つのグループに会っただけ)また別の尾瀬を楽しめる、このコースを選んだことは大正解だった。
 

 アヤメ平はアヤメの花はなく、ムシトリスミレやモウセンゴケなど珍しい花が見られる。ここから横田代までもずっと木道で、目の前に至仏山の頂上がある。飽きることのない風景を楽しみながら、鳩待峠に戻った。

アヤメ平




1999年9月22日の尾瀬沼のページへ

2013年㋈29~30日の燧ヶ岳のページへ


2015年5月28日の尾瀬ヶ原のページへ

尾瀬の花


大菩薩嶺のページに戻ります。 

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。