2005年3月20日(

花嫁街道烏場山  はなよめかいどう〜からすばやま 千葉県 265m   4名
最寄り駅  JR内房線「和田浦」
参考歩行時間  4時間
参考コースタイム  和田浦駅→40→花嫁街道入口→40→経文石→40→烏場山→40→金比羅山→10→花婿コース入口→20→花嫁街道入口→40→和田浦駅
歩行時間  4時間25分
コースタイム  和田浦駅→35→花嫁街道入口→20→第一展望台→10→第二展望台→10→経文石→25→駒返し→10→見晴台(カヤ場)→5→第三展望台→5→烏場山→20→旧烏場山展望台→25→見晴台→15→金比羅山→10→花婿コース入口→40→抱湖園→25→花の広場公園地場産品直売所→10→和田浦駅
 3連休の1日、4人で房総の花嫁街道に行くことになった。
 片道3時間超ののどかな電車の旅。薄い雲が太陽をさえぎってすっきりしない日になってしまったが、車窓からは椰子のようなシュロのような木が目立つようになり、なんだか南国っぽい雰囲気になってくる。

 和田浦の駅に降りると、案内所の方だろうか、すぐにハイキングコースマップを手渡してくれる。わかりやすい地図だ。やはりここにもあった大きなシュロ(?)がど〜んと立つ駅前広場から歩き始める。

インパクトのある和田浦駅前
 いくつかの種類の水仙や、ストック、ポピーなどがあちらこちらに咲く道を歩いていくと、まもなくかわいい道祖神のある分岐に着く。ここが花嫁街道入口とある。
 緩い傾斜の道をゆっくり登っていく。

 数分行くと、第一展望台。前の木々が少し邪魔だ。先客もいるのですぐにまた歩き始める。
 第二展望台の辺りは、マテバシイの面白い林になっている。このコース、こういった自然のよさにあわせ、経文石、じがい水、と飽きさせない間隔で見所がある。
 整備された登山道と標識、そこここに置かれた丸太のベンチ。しっかりとしたコース作りがされていて、とても歩きやすい。

花嫁コースの入口に立つかわいい道祖神
第二展望台付近のマテバシイの林 ベンチが並ぶ広い見晴台(カヤ場) 花婿コースの見晴台

 広い見晴台で昼食にするが、風が冷たくて早々に出発する。
 烏場山の頂上は10分ほど行ったところにあり、それほど広くない。標識には「新日本100名山」とある。ここから先が花婿コースになるようだ。
 ゆるやかに下り、花婿コース入口に出ると、小さな滝があり御不動様が祀られている。その先がはなその広場で、そこからまた「黒滝ハイクコース」に入る。こちらまで来る人は少ないらしく、とても静かだ。

 小さな一山を越え下りに入ると、あたりは赤やピンクの花をつけた椿の大きな木が目立つ。見晴台からはところどころに黄色の部分カーペットを敷いたような和田浦の街が見える。
 何種類かの桜の花の咲く抱湖園(ほうこえん)を通って登山口に出ると、前はポピーの花畑だった。
 予定していたドームの鉱泉「瑞廣温泉」はどうも廃業したらしく、入ることはできなかったが、花いっぱいの房総の風景をたっぷり楽しんで帰途についた。

コース途中に咲く、白い桜 梅の花の向こうに金比羅山 ポピーの花畑

百蔵山のページに戻ります。 高柄山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。