2005年5月14日(

大根ノ山ノ神。川苔山方面への道を分ける。

本仁田山  ほにたやま 東京都 1224.5m 麻葉の湯 3名
最寄り駅  JR青梅線 往き「鳩ノ巣」 帰り「奥多摩」
参考
歩行時間
 4時間
参考
コースタイム
 鳩ノ巣駅→45→大根ノ山ノ神→1:10→瘤高山(鋸尾根分岐)→30→本仁田山→1:00→安寺沢→35→奥多摩駅
歩行時間  4時間45分
コースタイム  鳩ノ巣駅→55→大根ノ山ノ神→1:15→瘤高山(鋸尾根分岐)→25→本仁田山→1:15→乳房観音→50→麻葉の湯→5→奥多摩駅

 前夜、ぎりぎりまで行こうか行くまいかと迷いながら、なんとか持ちそうな天気に、思い切って出かけた。
 今回はKさん、Eさんと、3人。鳩ノ巣駅を降りると、思いのほか多い人数がいることに気がつく。駅のお掃除のおじさんが、大勢行ったよ〜と言う。こんな天気でもみんな諦めきれないんだな〜(笑)。

 駅を出て、人家の間の坂道を登り登山道に入る。フタリシズカや小さな白いスミレが咲くが、他には目立った花はない。大根ノ山ノ神からの登山道はただ杉の林の連続。防火帯に出で、瘤高山(こぶたかやま)への途中もやはり周囲は霧で真っ白、何も見えない。
 木の根っこの階段を登り、ところどころ岩が顔を出す急登を登りきると、狭い頂上の瘤高山に着く。
 この瘤高山から少し下り、登り、していくと、霧の中に小屋のようなものが見えてくる。本仁田山の頂上だ。
本仁田山の頂上
 お昼休憩をしていると、ひとり、ふたりと増えてゆき、そのうち、10人ほどのグループも登ってきて、この天候で私たちだけだったら、きっと寂しいだろう頂上も、にぎやかになってきた。
 寒いこともあり、早々に下山にとりかかる。

 安寺沢(あてらさわ)まではかなり急な道が続く。
 ここもまた、コースの片側が杉林、片側が雑木林で、杉林は1本1本が枝打ちされ、すっきりと天に伸びて等間隔で続いている。雑木林は萌え始めた緑が霧に濡れしっとりと美しく、その中にところどころ、レンゲツツジのオレンジ色が映えている。

しっとりとした緑と、ツツジのオレンジが美しい

 だいぶ降りてきたところで、先を歩いていた二人の男性が何かをしていた。Kさんも手招きして呼んでいる。見ると、カモシカだ。まだ毛の色も柔らかい子供のようだ。しばらく見ていると、そのうち斜面を登って行ってしまった。

 安寺沢の人家の屋根が見えてくると、乳房観音の案内がある。
行ってみると見事な2本の木と御堂がある。由来を見ると、樹齢600年の銀杏の巨樹に無数の乳根が下がり、これを祝って観音様を祀ったが、樹齢が尽き伐採されると、切り株から2本の芽が出て、現在の巨木になったとある。

カモシカの子供

 木の幹に垂れ下がっているのが、乳根らしい。
 かなり・・・垂れている。(^_^;)

 車道をだらだらと下り、やがてテレビゲームの世界のような(?)セメント工場が見えてくる。
 川で釣りやバーベキューをする人々の姿が見える。

 日帰り温泉の「もえぎの湯」はいつも混んでいるので、今回は、Sさんから聞いた「麻葉の湯」で入浴し、すっきりして帰宅した。

乳房観音の御堂と2本の巨木




2015年12月20日の本仁田山のページへ

 

矢平山のページに戻ります。 高水三山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。