2005年7月18日(月)

目の前に浅間山

黒斑山  くろふやま 長野県 2404m 4名
高峰山  たかみねさん 長野県 2092m 高峰温泉
最寄り駅  新幹線「佐久平」
バス  JRバス「車坂峠(高峰高原ホテル前)」下車
参考
歩行時間
 4時間50分
参考
コースタイム
 車坂峠→1:40→トーミの頭→30→黒斑山→25→トーミの頭→1:00→車坂峠→25→粒ケ平→15→高峰山→15→粒ケ平→20→高峰温泉
歩行時間  5時間10分
コースタイム  車坂峠→1:35→赤ゾレの頭→10→中コース分岐→10→トーミの頭→25→黒斑山→20→中コース分岐→55→車坂峠→45→粒ケ平→15→高峰山→15→粒ケ平→20→高峰温泉

 この頃になると「低い山は暑くて・・・」と口癖のようにHさんは言う。
 「お花がいっぱいあるのよ」とMさん。「秘湯の宿もあるし、1泊して、あっちもこっちも行けて得した気分でしょ」とKさん。
 「コマクサも見られるらしいし・・・」
 そんなこんなで、宿も取れ、4人で出かけることになった。

 車坂峠でバスを降り、登山道に入る。車窓から目立ったピンクのシモツケは登山道には見当たらないがウスユキソウやシャクナゲ、そしてゴゼンタチバナの可愛い花がびっしりと咲いている。

車坂峠
赤い小さなバラのようなマツボックリ 細身のマツボックリ 真っ黒のローソクのようなマツボックリ

 足元にはずっと、黄色のニガナ、コキンレイカがコース中のあちこちに見られる。
 いろいろな種類の松もあり、面白いマツボックリを見つける。一つ一つが小さなバラの花のように見えるものもある。
 見るものがたくさんあって気分はウキウキ、ワクワク。

赤ゾレの頭から見る浅間山  赤ゾレの頭に着くと、目の前に、長野県人自慢(?)の浅間山がドーンと姿を現す。この辺りになると、なんだかバテバテの私は登っては休み、休んでは登り、かなりのスローペースになってしまった。
 ここから一旦下り、またひと登りすると、トーミの頭だ。ゴロゴロとした石の頂上は風が通り、とても気持ちがいい。私は少し、みんなはたっぷり休み、もうひと頑張り黒斑山に向かう。(~_~;)
 黒斑山の頂上で目の前の浅間山をじっくり見ながらお昼休憩にする。折角の景色なのに、小さなゴミが散乱しているのは興ざめだ。ずっと下の賽の河原を歩く小さな人影が見える。現在レベルが引き下げられ、入ることができると、頂上にいた人が教えてくれた。

 下山はトーミの頭を過ぎた分岐から中コースを下る。間近で富士山を眺めるような雰囲気のこの気持ちのいいコースから見晴しもなく花も少ないコースに入り、ただ黙々と下る。
 車坂峠に戻り、今度は高峰山を目指す。

 高峰山は、登山口から道の両側に、ニッコウキスゲ、フウロ、アヤメ、ホツツジ、クルマユリ、シュロソウ、シャジクソウ、ツリガネニンジンなどを見ながら歩く。さすがに花の百名山だ。花だらけ。。。

車坂峠のニッコウキスゲ ニッコウキスゲの向こうに黒斑山 高峰山頂上
ウスユキソウ シャジクソウ シュロソウ

 高峰山頂上からは登ってきた黒斑山が見える。神社にお参りし、粒ケ平まで戻り、宿泊予定の高峰温泉に下る。




2013年3月17日の黒斑山のページへ



入笠山のページに戻ります。 水ノ塔山〜篭ノ登山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。