2005年10月2日(

川苔山
(川乗山)
 かわのりやま 東京都 1363m 奥多摩温泉 2名
最寄り駅  JR青梅線 往き:「奥多摩」下車 帰り:「鳩ノ巣」乗車
タクシー  奥多摩→川乗橋(¥1460)
参考
歩行時間
 5時間30分
参考
コースタイム
 川乗橋→1:30→百尋ノ滝→2:00→川苔山→1:30→大根ノ山ノ神→30→鳩ノ巣駅
歩行時間  5時間55分
コースタイム  川乗橋→40→細倉橋→55→百尋ノ滝→45→分岐→1:00→茶屋跡→10→川苔山→20→分岐→20→分岐→55→大根ノ山ノ神→0→鳩ノ巣駅

 

 10月に入っているにもかかわらず、夏日となったこの日、Kさんと奥多摩の川苔山に行くことになった。
 奥多摩駅で停車している臨時バスに乗り込むものの、なかなか出発しないバスをやめ、入ってきたタクシーに、他のハイカー2人と川乗橋のゲートまで同乗し、歩き始める。
 しばらくはアスファルト道路をゆっくりと登って行く。車を入れない道なのだから、アスファルトにしなくてもいいのに…、どうせなら、タクシーだけでも入れるようにしたらいいのに…、などと、ついつい軟弱者のたわ言が出てしまう。(^^ゞ
気持ちの良い沢沿いの登山道
 細倉橋で林道と分かれ、登山道に入って行く。幾つかの小さな橋を渡り、サラサラと流れる水音を聞きながら緑の中を歩いて行く。登山道から時折見える滝もいくつかあり、数年前に一度この山に来ているKさんも、何度来てもいいというのも分かる気持ちの良いコースだ。
 すがすがしい水飛沫のかかる百尋ノ滝でしばしの休憩。涼を味わった後、川苔山に向かって再び登る。一旦下り、最後の流れを渡る。
 紫色のトリカブトの花がいくつか咲いている。
 バスに乗っていたグループがあっという間に追い抜いていった。
百尋ノ滝
 分岐を左にとり登って行く。朽ちた茶屋の建つ広い尾根に出て右手に進めば川苔山頂上になる。
 頂上にはざっと40〜50人のハイカーが休んでいた
 奥多摩の山々が幾重にも重なってくっきりと見えている。うっすらと富士山も見られる。タクシーに同乗した女性2人は入れ違いに下山していった。

 お昼休憩のあと、滑りやすい道を鳩ノ巣に下山する。杉林の中を黙々と下る。足元はだんだん歩きやすい道になるが、周りは変化がなく、眺望も花もないので、登りよりも遥かに長く感じる。

川苔山頂上
 やっと本仁田山との分岐になる大根ノ山ノ神に着くと、ここからはまたザレた石の歩きにくい道になる。ツリフネソウが1本、2本、アキチョウジ、キバナアキギリが咲く。鳩ノ巣の集落では、彼岸花、コスモスが満開だ。

 急傾斜の歩きにくいアスファルト道路を鳩ノ巣駅に下り、そこから更に下って、日帰り温泉「一心亭」で汗を流し、さっぱりして帰宅した。

大根ノ山ノ神
トリカブト ツリフネソウ アキチョウジ

鍋割山のページに戻ります。 涸沢岳〜奥穂高岳のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。