2005年11月23日(

幾重にもつづく美しい山並み

奥久慈男体山  おくくじなんたいさん 茨城県 654m 金砂の湯 2名
最寄りIC  常磐道「那珂IC」→国道118号
参考
歩行時間
 一般コース往復 2時間50分
参考
コースタイム
 古分屋敷→10→大円地登山口→1:00→大円地越→30→男体山→20→大円地越→40→大円地登山口→10→古分屋敷
歩行時間  健脚コース→一般コース 2時間40分
コースタイム  古分屋敷→5→大円地登山口→1:20→男体山→30→大円地越→35→大円地登山口→10→古分屋敷

 とてもさわやかな秋、のんびりドライブがてらちょこっと歩いて温泉に入ってということで、Eさんと二人、奥久慈に出かけた。
 木々が黄色く色づいて、その中に濃い赤がほんの少しある、なつかしい里山の風景が広がる。

 古分(こぶ)屋敷の駐車場に車を止め歩きはじめる。目の前にこれから登る男体山が見える。
 少し戻った舗装道路を下ってゆくと、すぐに大円地登山口が現れる。お茶畑と民家の間を行き、一般コース、健脚コースの分岐に出る。一般コースをのんびり行く予定だったが、前を歩く7〜8人のグループが迷わず健脚コースに進むので、私たちもついついそちらについていくことにする。

大円地登山口付近から見る男体山
 滝倉の分岐あたりから道はだんだん険しくなり、頂上直下まで鎖場が幾つも続く。手がかり足がかりはあるので、慎重に登ればいい練習になるかもしれない。 後を歩くご夫婦は、「こんな面白いコースだとは思わなかった」と、とても楽しそう。そういう考え方をすると、確かに楽しい、・・・かも。

 頂上には30人ほどのハイカーが休んでいた。軽装のグループや、家族連れも見られる。
 目の前の山肌はちょうどいい紅葉に染まり、ぐるっと一周、幾重にも続く山並みが広がる。日差しも暖かく、のんびりとお昼タイムをとる。

滑りやすい鎖場
頂上その1 頂上その2 頂上その3

大円地越

 下山は、一般コースを大円地越から登山口までゆっくり下る。黄色や茶色の葉っぱがハラハラと散り、その葉っぱの絨毯の上をサクサクと歩く。大好きな季節の山歩きだ。Eさんは、「来てよかった〜」の連発(笑)。

 下山後は、いくつかある温泉の中から、国道から5kmほど入った金砂(かなさ)の湯を選んで行ってみる。気持ちのよい温泉でゆっくり温まる。

 軽いハイキングのつもりが、なかなかいい緊張感を味わい、そして頂上では予想を越える素晴らしい景色に会うことができた、気持ちのいい一日だった。





2013年5月26日の奥久慈男体山のページへ



扇山のページに戻ります。 日向山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。