2005年12月18日(

稲含山頂上からの眺望

稲含山  いなふくみやま 群馬県 1370m 清流荘 4名
最寄り駅  上信電鉄「下仁田」
タクシー  往き:下仁田→鳥居峠(¥3380)
参考
歩行時間
 4時間10分
参考
コースタイム
 赤鳥居→30→稲含山→1:00→一の鳥居→30→茂垣→2:00→下仁田駅 
歩行時間  3時間55分+ロス1:00
コースタイム  鳥居峠→55→稲含山→5→稲含神社→15→秋畑稲含神社→15→二の鳥居→15→一の鳥居→(神の池園地から秋畑方面へ→一の鳥居下の車道に引返しロス1:00)→5→鳥居峠→2:05→清流荘手前




 よりにもよって、今年の忘年山行は、数十年ぶりの大寒波襲来というとんでもない日になってしまった。こんな時期なので、温泉先行での計画をたてているので、最悪、山へは登れず温泉で忘年会だけということもやむをえないが、やっぱり少しは歩きたい。車窓から見える山の様子に一喜一憂しながら、ちょうどテレビの温泉番組の撮影をしている下仁田駅に降り立ったときは思ったほどの寒さは感じなかった。

 積雪の状態によっては茂垣までしか行かれないということだったが、タクシーはすんなり鳥居峠まで入ることができた。

広い鳥居峠
 ビューっと粉雪を吹き上げる風が冷たい鳥居峠で早速身支度を整える。早く歩き出さないと凍えそうだ。
 赤い鳥居をくぐり落葉と雪が混じった登山道を登って行く。途中アイゼンをつける。なかなか体が温まらない。頬が冷たい。Kさん、Mさん、Hさんは、マフラーを頭から被る。
 「オードリーヘップバーンみたい」と誰かが言った。おいおい、私に言わせれば、こそ泥ルックだよ(笑)。
 顔を真っ赤にした寒そうな下山者とすれ違う。
 やっと体が温まったころ、稲含神社に着く。そこから数分で稲含山山頂だ。
稲含山登山口。右手前方の木間越しに赤鳥居が見える
頂上のヘップバーン(?)  頂上には5、6人のグループが休憩中だった。風は冷たいが陽が当たり、コース中ではそれでも一番暖かい場所だった。
 ぐるっと一周、素晴らしい眺望で、明日行く予定の荒船山もくっきり見える。
 風を避けて、下の稲含神社に戻りそこでお昼休憩にする。・・・が、あまりの寒さにじっとしていられない。暑いラーメンを食べても、コーヒーを飲んでも、体は多少温まるが、手先足先は切れるほど冷たくて痛い。
 長居はできないのでそそくさと下山にかかる。
稲含神社  下山はもう一つの神社、秋畑稲含神社方面に行く。道は狭く凍っている。二の鳥居をすぎると、神の水という場所があり、大きなつららが下がっていた。
 一の鳥居まで来ると、そこから赤鳥居に行く道があったが、すぐ下の車道に出て、鳥居峠に戻ることにする。
神の水付近・・・ひたすら下る
 ところが、あまりにも車道が近すぎて、つい、下の神の池園地まで下ってしまった。そしてそこから道を間違え、秋畑方面に進む。
 ちょっと遠すぎるとHさん。ヘンだよとMさん。結局また引返すことになった。間違えて戻る道は長くて、疲れがどっと出てくる。
 「今日はSさんがいないから、私が頑張って車を止めよう!」とかなり真剣に決心するが、肝心の車が来ない。
 車道まで戻ると、鳥居峠までは数分だった。真正面に真っ白な雪を被った浅間山がで〜んと見える。
 ここから黙々と車道を下る。
真正面に浅間山

 滑らないように気をつけながら下ると、普段痛くならないようなところが痛くなる。ペットボトルの水は凍ってしまった。
 もう20分ほどで宿に着くというころ、宿のおかみさんが心配して迎えにきてくれた。
 暖かいコタツに入り、ほっと一息。熱い温泉につかる。
 朝、駅で会ったテレビの取材班が宿泊していて、お風呂の撮影をするとのことだったが、ヘップバーンにお呼びはかからなかった(笑)。


尾白川渓谷のページに戻ります。 御岳山のページに行きます。

目次に戻ります。 ホームページに戻ります。