2006年1月29日(

のどかな下貫沢出合付近

嵯峨山  さがやま 千葉県 316m ばんやの湯 4名
最寄り駅  JR内房線「保田」
タクシー  往き:保田駅→小保田バス停(¥1290)
バス  帰り:小保田バス停→ばんやの湯
参考
歩行時間
 2時間15分
参考
コースタイム
 小保田バス停→20→下貫沢出合→30→水仙ピーク登り口→15→水仙ピーク→10→嵯峨山→20→水仙ピーク登り口→20→下貫沢出合→20→小保田バス停
歩行時間  2時間5分

コースタイム  小保田バス停→20→下貫沢出合→30→水仙ピーク登り口→10→水仙ピーク→10→嵯峨山→10→水仙ピーク→10→水仙ピーク登り口→20→下貫沢出合→15→小保田バス停

 関東に大雪が降った翌日の日曜日に行くはずだった房総嵯峨山に一週間後のこの日、4人で出直しになった。暖かいところへ行くのにわざわざ寒い日を選んでいくこともないというごもっともな意見に簡単に賛成。結果、2006年最初の山歩きはポカポカ陽気のいい日になった。

 保田駅からタクシーで小保田バス停まで10分ほど。乗り込んだ早々運転手さんの話で、今年の水仙はあまりパッとしないので、がっかりしないようにとのこと。・・・う〜ん、ちょっとがっかり。

 ゆっくり出発ののんびり山行。電車乗り換えのミスもありの珍道中で、小保田バス停を出発したのは11時40分。すでに下山の人ともすれ違う。のどかな風景の中、車道を左、左へととって進む。
 段々の水仙畑が広がる下貫沢には簡易トイレがあり、ここまで車が入れる。農家の人が水仙の花を摘んでいた。
 過去に、富山や鋸山など水仙のある山に行ったが、規模としてはこの嵯峨山が一番大きいようだ。
車道を左へ左へと進む

 下貫沢から右手にこれも大きな規模の水仙の段々畑を見ながら歩く。昨年暮れの寒さに懲りたので、今回は4種類のホッカイロを持参したが、これが、まったく不要の暖かさは嬉しいが、氷の溶けたグジュグジュの登山道はズルズル滑って歩きにくい。畑の水仙も花が少なく、あのしみ込むようなすがすがしい花の香りもあまりしてこない。

 やがて右手に急登があらわれ、これを一気に登ると水仙ピークに着く。足元に水仙を、眼前に低くなだらかに重なる山並みを眺め、温かいトン汁でお昼休憩にする。作る人はHさん。Kさんはいそいそとお味見。「おいし〜い!」

例年より少なめという・・・ トン汁。美味でした〜 水仙ピークからの眺め
 ザックを置いて10分ほどの嵯峨山まで往復する。ここもグジュグジュに溶けた雪と土で歩きにくい。手ごろな棒切れを広い、ストック代わり。へっぴり腰の黄門様だ。
 嵯峨山頂上には三角点と立派な標識があるが、展望はない。水仙ピークまで戻り、下山にかかる。本数の少ないバスに乗れそうなので歩を速める。さすがにマラソン経験者のEさんは速い。
 赤バスに乗り、そのまま「ばんやの湯」へ、そしてその後「ばんや」で生ビールで打ち上げ。金目の煮付けやイカの掻き揚げなどおいしい初山行の締めくくりだ。
嵯峨山の立派な標識

 「ご馳走様でした〜」 ・・・じゃなくて、「お疲れ様でした〜」 (^_^;)


御岳山のページに戻ります。 皇鈴山〜登谷山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。