2006年2月12日(

広々とした皇鈴山山頂

愛宕山  あたごやま 埼玉県 654m 4名
皇鈴山  みすずやま 埼玉県 679m
登谷山  とやさん 埼玉県 657m かやの湯
最寄り駅  東武東上線 往き:「小川町」 帰り:「寄居」
バス  往き:「小川町」→「打出バス停」
タクシー  帰り:かやの湯→「寄居」(2020円)
参考
歩行時間
 3時間25分
参考
コースタイム
 打出バス停→1:10→二本木峠→25→皇鈴山→25→登谷山→5→登谷牧場茶店→1:10→大宝入口バス停→10→かやの湯
歩行時間  3時間35分
コースタイム  打出バス停→1:15→二本木峠→10→愛宕山→20→皇鈴山→25→登谷山→5→登谷牧場茶店→1:10→大宝入口バス停→10→かやの湯

 久しぶりに、まだ暗いうちに家を出る。寒い朝だった。

 打出バス停でバスを降りたのは私たち4人とソロの女性一人。
 バス停より数m先の案内を右に入り、畑の中、ポツンポツンと建つ民家の間を進む。車道をいくつか横切りショートカットを繰り返しながらゆっくりと登って行く。福寿草の花が咲いていた。
 随所に道標が立ち、とてもわかりやすい親切なコースになっている。しかもよく整備され歩きやすい。

福寿草
 二本木峠からは数分で愛宕山頂上に着く。丸い屋根の観測所のような小さな建物が建ち、三等三角点がある。あまり広くはないが、風がなくて暖かい。休憩にはもってこいだが、まだお昼には早いので、すぐに出発する。

 愛宕山から20分ほどの皇鈴山山頂はあずま屋が建ち、広々として西側の展望がいい。両神山がくっきりと見える。ここはツツジの花咲く時期が良いようなので、どうせならその頃にとも思ったのだが、カサカサと降り積もった落葉を踏みながら歩くこの時期もまたすがすがしくて気持ちがいい。

二本木峠
 ここもゆっくりお昼にいい場所だが、やっぱりまだお腹が空いていないので、このまま登谷山まで行くことにする。

 登谷山山頂は標識がない。もともとはあったようだが、朽ちてしまったのかも。
 ここは北東側がパーっと開けていて展望がいいが、風が強く、寒くていられない。お腹の空き具合はちょうどよくなったものの、これでは休めないので、もう少し先の登谷牧場方面に進む。

前方は登谷山
 登谷牧場は廃業したとのことだが、何頭かの牛やヤギなどが飼われている茶店があり、営業中だった。
 結局、登谷牧場の風の当たらない場所でゆっくり時間をとってのお昼休憩になった。

 下山は、杉の林の中を下り、別荘地の建ち並ぶ林道を抜ける。ロウバイの花のかぐわしい香りが漂う、上ノ貝戸(うえのかいと)集落を過ぎ、大宝(たいほう)入口バス停に出たら、そこから10分ほどで鉱泉宿「かやの湯」に着く。熱いお湯にゆっくり浸かり、寄居駅から帰宅した。

登谷山頂上




2012年4月13日の二本木峠〜愛宕山〜皇鈴山〜登谷山のページへ


嵯峨山のページに戻ります。 鐘撞堂山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。