笹尾根(槙寄山)

2006年6月4日(

槙寄山  まきよせやま 東京都 1188m 蛇の湯温泉 3名
最寄り駅  JR五日市線「武蔵五日市」
バス  往き:武蔵五日市→笛吹   帰り:数馬→武蔵五日市
参考
歩行時間
 4時間
参考
コースタイム
 笛吹→1:30→笛吹峠→1:30→槙寄山→1:00→仲ノ平
歩行時間  4時間40分

コースタイム  笛吹→25→登山道入口→1:00→丸山分岐→25→笛吹峠→45→数馬峠.上平峠→15→上野原町田和分岐→25→槙寄山→1:25→仲ノ平

 天気予報は良くなったり悪くなったりと、ころころ変わる。それでも傘マークは取れたのでSさん、久しぶりのUさんと3人で笹尾根に行くことになった。
 武蔵五日市駅で待ち合わせ、バスの列に並ぶ。聞いていたとおり長蛇の列。だが、臨時も出るのでほとんど座って行かれるようだ。
 笛吹(うずしき)でバスを降りる。男性一人と数人の女性のグループが準備をしていた。道を探して(?)大羽根山に登るという。「これをつけてくるんだよ」と「大羽根山」の標識を見せてくれた。なんだか面白そう。そんな山歩きができたらいいなぁ・・・。
美しい緑色
 バス停の数メートル先を左に入り車道を進む。随分上のほうに民家がある。おばあさんが、杖をつきながらゆっくりと歩いていた。毎日こんなところで生活していたら健康だろうなぁと思う。
 案内に従って、民家の脇を山道に入る。霧のような雨が少し大粒になったので合羽を着る。綺麗な緑の森のマイナスイオンが体の中にどんどん取り込まれるような気持ちの良さを感じて雨もそれほど苦にならない。こんな日の山歩きも悪くない。
笛吹峠
アザミ フタリシズカ ギンリョウソウ
 フタリシズカがたくさん咲く。ギンリョウソウもちょこちょこと見られる。ギンランも数本。比較的白い花が多い。そして白い花の写真は難しい。結果はやっぱりほとんどボツだった。(>_<) 笛吹峠からの急な登り、そして緩い登りの尾根道を行く。
 雨も止み、数馬峠・上平峠という標識のある場所でお昼休憩にする。丸太のベンチに腰掛けるが、目の前は真っ白。ここにどんな景色が見えるのかしらん・・・。
数馬峠・上平峠で休憩
 槙寄山までの道は緩やかで、笹が茂り、白と緑の中に雨に濡れたツツジの鮮やかなオレンジがぽつりぽつりと見えてきた。右手に数馬への道を見送りさらに進む。このコースは逃げ道が多い。西原峠から数分の槙寄山頂上には前後して数人が休む。三頭山からのハイカーも多いようだ。

 西原峠まで戻り、数馬へ下る。ところどころぬかるんで滑りやすいところもあるが、この日のコースは全体的に枯葉が適度に積もった足に柔らかく歩きやすい道だった。

槙寄山頂上

 赤松(多分)の林を抜けしばらく行くとイノシシ避けだろうか、ネットが張られた畑が見えてくる。民家の脇を抜け、この民家から出ているような車道を緩やかに下り、蛇の湯温泉まで行く。
 掛け流しの温泉にゆっくりつかり、帰宅した。

 バス酔いは・・・、行きは良い良い帰りは怖い〜♪
 方角が悪いのかなぁ(笑)。

民家の前の車道に出る


2008年9月8日の笹尾根(丸山〜土俵岳)のページへ


大高山〜天覚山のページに戻ります。 深高山〜石尊山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。