2006年9月11日(月)

田園風景の中の筑波山

筑波山  つくばさん 茨城県 877m 3名
 自宅 ←→ つつじヶ丘駐車場
参考
歩行時間
 2時間30分
参考
コースタイム
 つつじヶ丘駐車場→1:30→女体山→1:00→つつじヶ丘駐車場
歩行時間  2時間25分
コースタイム  つつじヶ丘駐車場→15→あずまや→1:05→女体山→50→あずまや→15→つつじヶ丘駐車場

 朝の雨と雷で予定の山行を中止したものの、天気は回復。
 「やっぱり行きたいね〜」ということで、行き先を筑波山に変え、10時過ぎに出発。ほぼ1年ぶりのOさんと、血圧も正常値に下がり、ポリープも良性という結果が出てほっと一安心のKさんと3人で筑波山に向かう。

 昨年ロープウェイが新しくなり、無料だったつつじヶ丘駐車場は有料になっていた。お客さんが増えたのかな?
 午後1時、歩き始める。

登山口
 道には、シモツケソウ、アザミ、タムラソウ、キバナアキギリ、ワレモコウ、ツルニンジン、ツリフネソウ、トリカブト・・・いろいろな花が見られる。そして、ススキの穂が出始め、秋の気配も感じる。
 筑波山神社との分岐に着くと、弁慶茶屋の建物がなくなっていた。名物のところてんはもう食べられないのかな?

岩の道が続く 何度見ても怖い弁慶の七戻り岩を、急ぎ足で通り過ぎる。このあたりからだんだんゴツゴツした岩の道が続くようになる。
 ひとつひとつ見て歩くのも面白い。
 白くもやっとした中、女体山の頂上に着く。本来ならほぼ360度の眺望があるが、真っ白で何も見えない。平日ということもあり、観光客も数人だ。

何度見ても怖い、弁慶の七戻り岩
 頂上の茶店でうどん、おそばのお昼にする。
 花の写真が並べられた店内で話を聞くと、神社側から乗るケーブルカーの下側にイワタバコの花がびっしり咲き、ケーブルカーに乗りながら見ることができるという。
 頂上付近にはダイモンジソウがあるということで、下山途中あちこち探しながら降りる。私の目は下ばかり、Kさんが岩のはるか上のほうに咲くダイモンジソウを見つけた。

 花もそこそこ楽しめ、Kさん、Oさんの、おはぎと月見団子のあれやこれやを聞きながら(^_^;)、最後まで楽しく下山した。

ダイモンジソウ
シモツケソウ トリカブト ツリフネソウ
タムラソウ ツルニンジン ハギ

 

1998年9月の筑波山のページへ

2000年8月の筑波山のページへ

2005年11月7日の筑波山のページへ

2009年9月6日の筑波山のページへ

2012年10月21日の筑波山のページへ

2015年1月10日の筑波山のページへ


御岳山のページに戻ります。 倉岳山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。