2006年12月10日(

帯那山  おびなやま 山梨県 1422m 5名 蛇の湯温泉
最寄り駅  JR中央線:往き「山梨市」
タクシー  往き:山梨市→戸市 \3700
 帰り:武田神社→石和温泉 \3880
参考
歩行時間
 3時間50分
参考
コースタイム
 戸市の登山口→1:10→帯那山→45→石仏→1:15→馬込→40→積翠寺
歩行時間  4時間35分
コースタイム  戸市の登山口→1:05→帯那山→20→電波塔→1:05→祠→55→古湯坊温泉→30→積翠寺→40→武田神社


 昨年のあまりの寒さに懲りて、今年の忘年山行は、雪がない、風がない、寒くないと、軟弱山歩き隊らしい選択をすべく検討を重ねた。
 例のごとく、まず石和温泉泊と決め、それからめぼしい山を地図から探し、1日目はこの帯那山になった。

 山梨市駅からタクシーで、戸市の登山口に向かう。
 帯那山は頂上付近に広くアヤメが咲くとのことで、今の時期にはそれほど人も来ないだろうと思っていたが、タクシーを降りると、すぐ後に、観光バスが停まった。

戸市の登山口
 団体さんにまぎれてゾロゾロ行くのも嫌なので、早々に歩き始める。
 枯葉の落ちた広い道はところどころ舗装されているものの、比較的歩き易い。
 1時間ほどで広々とした帯那山頂上に着く。ここから30分ほどの往復で本来の頂上の奥帯那山に続くが、眺望もないということで、本日は省略することにする。
 木の間越しに、白い雪を被った富士山と反対側にはアルプスの山々が見える。
 頂上はすぐににぎやかになった。
気持ちのいい道
 お昼にはまだ早いので、ロープの張られたアヤメの群生地の間を抜け牧場の遮断機の下りた林道を行く。こちらからもゾロゾロと軽装の人たちが登ってくる。
 この辺りになると、前をさえぎるものがなくなり、山々が更によく見える。
広々とした頂上 牧場の遮断機
 左手上に電波塔を見ながら山道を行く。さらに舗装道路をショートカットしながら、積翠寺、古湯坊方面に下る。
 振り返るとなだらかな山の上に、電波塔が光って見える。

 小さな祠の前で短いお昼タイムをとり、また車道、山道と下る
 古湯坊温泉への最後のショートカットは、入口はしっかり案内があるもののその先がわかりにくい。入って数メートルのところを右下へ下る小さな赤いテープを見落とし先の行き止まりまで進んで、結局戻ってきてこの道を見つけた。
 ここを下っていくと古湯坊温泉の脇に出る。そこから舗装道路を30分ほどで、積翠寺に着く。

振り返ると、山の上に電波塔が見える
 積翠寺は、武田信玄誕生の寺で、産湯を使った井戸がある。かつては北側にある要害山も寺領だったという由緒ある寺だ。
 この積翠寺で休みがてら、庭を見せていただいたり、話を聞かせていただいたりした後、武田神社まで歩く。
 参拝後、タクシーでこの日の宿の石和温泉に入った。
古湯坊温泉 積翠寺の武田信玄誕生のとき産湯を使った井戸

養老渓谷のページに戻ります。 釈迦ケ岳のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。