2007年4月29日(

陣馬山  じんばさん 東京都 857m 3名
 (藤野15名山)
最寄り駅  JR中央線: 往き「藤野」 帰り「高尾」
バス  往き:藤野→和田  帰り:日影→高尾
歩行時間  5時間

コースタイム  和田バス停→1:25→陣馬山→30→奈良子峠→10→明王峠→7→底沢峠→20→堂所山→40→関場山→1:45→日影
 「どこでもいいです〜」
 な〜んか気力のないKさんと、花粉の季節を終えて久し振りのEさんと3人で、ヤマルリソウ探しの山歩きにに行く。同じ山もコースが変われば気分も変わる。
 和田でバスを降りると、ずら〜っと並んだ鯉のぼりがお出迎え。
 立派な石の標識がある登山口から、これがないとまるで個人のお宅に入っていくような登山道に入る。
 鯉のぼりが泳ぐずっと先に、真っ白な富士山が見える。
和田の鯉のぼり
 茶店も開いている陣馬山頂上は初めてで、大勢の人で賑わっていた。「こんなに狭い頂上だったかしら?」とKさん。「こんな真っ白な富士山、初めて〜!」と感動のEさん。
 12時から何やら集いがあるということで、早々に引き上げる。

 ここも大勢のハイカーで混みあう明王峠でお昼休憩にする。揚げたての山菜のてんぷらをいただく。5種類の野草ということだが、何が何かよくわからない。ここからももちろん、綺麗な富士山が見える。

登山口
 堂所山から関場峠に進むと、やっと行き来のハイカーの数が少なくなってきた。きっと80歳は超えているだろうと思われるご夫婦(?)がゆっくり、ゆっくりと登ってきた。
 「あんなふうにず〜っと歩けるといいね〜」

 関場峠から尾根道と分かれ急な坂を下ると、あとはずっと林道歩きになる。途中、せっせとセリを積んでいるハイカーや、虫を探している研究室の学生たちに会う。

陣馬山頂上。富士山がバッチリ
 川沿いの道を行くと、川向こうの斜面で落石があった。何か動物でもいるのかと見ていると、その滑り落ちそうな急な斜面を2匹の猫ほどの大きさの動物が物凄い勢いで鬼ごっこでもしているように走り回って(?)いた。写真をと思うがとても間に合わない。あっという間にいなくなってしまった。が、その先の川岸でゴロンと横になった動物を発見。

 長い長〜い林道歩きで、思わぬタヌキ(?)との遭遇に、目的のヤマルリソウやイチリンソウにも会え、GW第1弾は終了。さて、第2弾はどこに?

5種類の山菜のてんぷら。茶色はイタドリ?
思わぬご褒美、イカリソウ 川辺でくつろぐタヌキ? やっと発見、ヤマルリソウ

 

2000年10月17日の陣馬山のページへ

2002年2月1日の陣馬山のページへ

2011年1月9日の陣馬山のページへ

2012年12月23日の陣馬山〜景信山のページへ


ワイナピチュ山のページに戻ります。 物語山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。