2007年5月13日(

メンベ岩

物語山  ものがたりやま 群馬県 1019m 3名
最寄り駅  上信電鉄「下仁田駅」
タクシー  往き:下仁田駅→サンスポーツランド(¥3140)
 帰り:横間バス停→下仁田駅(¥3460)
参考
歩行時間
 2時間45分
参考
コースタイム
 サンスポーツランド→45→登山口→50→物語山→40→登山口→35→サンスポーツランド
歩行時間  3時間15分
コースタイム  サンスポーツランド→50→登山口→45→物語山→30→登山口→45→サンスポーツランド→25→横間
 以前から気にはなっていたものの、なかなか行く機会がなかった、物語山に行くことになった。

 町営バスのちょうどいい時間がなく、下仁田駅から、タクシーを利用する。薄紫色の花が咲く大きな藤の木が緑の山のあちこちに見える。
 どうせなら林道を行ける所までタクシーで、と怠け心が起きるが、「道が悪いので、申し訳ないのですがお断りしています」とのこと。(>_<)
 真面目に歩こう。。。

サンスポーツランド前から歩き始める
可愛い花がたくさん  サンスポーツランドの前から歩き始める。
 曇り空だったのがだんだん陽がさし始め、暑さも増す。綺麗な水の流れる沢沿いの林道には幾種類かの細かな花が咲く。
 ツツジはもうほとんど終わりのようだ。
ツツジはほとんど終わり
緑がキレイ  緩く長い登りの林道を行く。やがて、標識に従って左手に下り水のない沢を横切るとすぐにジグザグの登りが始まる。
 周囲は花はないものの、みずみずしい緑の濃淡と、時々サーっと吹き抜ける風が心地よい。
鞍部
 急登を登り切ると、鞍部にたどり着く。
 左は西峰、右へ行けば物語山の本峰。物語山へ直行する。
 それほど広くない頂上には先客2人。前方にはギザギザ頭の妙義山が見える。涼しい風に吹かれながらお昼休憩にする。

 南峰から大勢のにぎやかな声が聞こえる。観光バスで来た40人ほどのグループらしい。

妙義山の見える物語山頂上
 南峰にも西峰にも寄らず下山する。コースは急なうえ、平たい石が積み重なるほど敷かれ(?)滑りやすく歩きにくい。
 阿唱念ノ滝往復の元気もなく、バスまでは1時間以上もあり、のんびりと車道を歩くが、暑さで停留所1つでギブアップ。帰りもタクシー頼りとなった。

陣馬山のページに戻ります。 不老山のページに行きます

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。