2007年5月27日(

素敵な道標

不老山  ふろうざん 神奈川県 928m 3名 ふじみセンター
最寄り駅  JR御殿場線「駿河小山」
タクシー  往き:駿河小山→山口橋 ¥1340
参考
歩行時間
 4時間10分
参考
コースタイム
 山口橋→15→不老橋→1:05→世附峠→40→不老山→1:45→金時神社分岐→15→富士見橋→10→駿河小山
歩行時間  4時間40分
コースタイム  山口橋→30→不老滝→1:00→分岐→10→世附峠→40→不老山→1:45→金時神社→25→富士見橋→10→駿河小山


 なかなか情報が入ってこないものの、そろそろ咲く時期のはずと、サンショウバラの花盛りを期待しつつ、不老山に行く。

 駿河小山駅からタクシーに乗りこむ。
 「不老橋までお願いします」と言うと、「道が悪くて底を擦ってしまうので、山口橋までしか行けないんです」と運転手さん。
 山口橋から歩き始める。林道はすぐにアスファルト舗装が途切れるが、車が入れないほどの悪い道でもない。
 「商売っけないね〜」とHさん。
 不老橋には駐車スペースがあり、4台の車が駐車していた。その先に車止めがある。そこから10分ほどで不老の滝があるが、近くまでは行きにくい。緑の間から綺麗な流れが見える。

 林道脇に白い藤の花、ヤマツツジそして名前のわからない、多分ウツギだろうということにしてしまった(^_^.)幾種類かの花々が咲く。

不老の滝
食害防止の網が並ぶ  食害を防ぐための苗を保護するネットの筒が立ち並ぶ。

 ベンチのある世附峠で小休止する。浅瀬方面から来られた10数人のグループの中から「咲いている」という声が聞こえた。後の木にピンクの華やかなサンショウバラが咲いていたのにまったく気がつかなかった。

世附峠
白い藤 ヤマツツジ・・・かな サンショウバラ
 この世附峠からやっと山道らしくなる。階段を登る途中の不二見台からも生土コースと合う西ピークからも、霞んでうっすらではあるものの、大きな富士山が見える。
 それにしても、このコースに立つ道標は有志の方の製作なのか、とてもお洒落で、素敵!

 西ピークから数分で不老山頂上に着く。大勢の人が休んでいる。期待していた頂上のサンショウバラは一輪も花開いていなかった。トゲトゲの蕾はまだ固い。

西ピーク。正面は富士山・・・があるんだけど。
 金時神社  お昼休憩を済ませ、下山にかかる。幾つもあるコースのうち、金時神社コースを行く。真ん中が溝のようにえぐれた歩きにくいコースを下る。こぼれ落ちるような緑色の木々の爽やかなシャワーを浴びながら金時公園内の歩幅が合わない(^_^.)遊歩道の階段を下っていく。 金時神社のマサカリ
 朱塗りの社殿と大きなマサカリのある金時神社横に出る。

 舗道をふじみセンターまで行き、久しぶりの日帰り入浴をする。町営の施設で、働いている人たちは、おじいちゃん、おばあちゃんばかりのようで、なんだか温かくていい感じの施設だ。

 さっぱりして、駿河小山駅から爆睡状態で帰宅した。

ふじみセンター

 

2004年6月14日の不老山のページへ


物語山のページに戻ります 浅間隠山のページに行きます

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。