2007年9月17日(

日和田山  ひわださん 埼玉県 305m 2名
物見山  ものみやま 埼玉県 375m
最寄り駅  西武秩父線 往き「高麗」 帰り「東吾野」
参考
歩行時間
 3時間50分
参考
コースタイム
 高麗駅→25→登山口→1:25→物見山→35→北向地蔵→40→ユガテ→45→東吾野
歩行時間  3時間50分(+50)
コースタイム  高麗駅→10→巾着田入口→(巾着田散策50)→巾着田入口→5→登山口→30→日和田山神社→10→日和田山→45→物見山→35→北向地蔵→1:35→東吾野
 久しぶりのEさんと二人の山歩き、「どえりゃあ」疲れているもの同士、ゆっくり歩こうと、こちらも久しぶりの奥武蔵にやってきた。巾着田で、お彼岸のころには必ず花開く彼岸花を見て、その後里山の風景を楽しみつつの駅から駅へのコース、朝も少し遅めの出発だった。
 ところが、彼岸花はまだ例年よりかなり遅く、全体の一割咲いているだけ。6年前に来た時は、ちょうど満開だったが、今回はその大きな真赤な絨毯を見ることができなかった。ちょっと残念。(>_<)
巾着田の彼岸花
トールペイントの小物の店  1時間弱の散策後、日和田山の登山口に向かう。途中、かわいい手作りの店に足を止める。板や石にトールペイントの花や動物が描かれている。(*^_^*)
 登山口からは木のチップで整備された歩きやすい道が、大きな鳥居のある女坂男坂の分岐まで続く。
女坂男坂の分岐
日和田山神社の鳥居  今回は女坂を行く。
 涼しい風の通る日和田山神社のある岩の上には家族連れなど数人のハイカーが休憩中。巾着田もくっきり見えるが、雲が多く、富士山は見えない。
 腰をおろし、高麗駅前の出店で買ったお団子を食べる。
神社前からの眺望
日和田山頂上  神社裏手の岩山を登り、数分で日和田山の頂上に着く。以前来た時は全く展望がなかった記憶があるが、片側が切り払われ広々とした感じがする。混んでいるのとお昼にはまだ早いので、すぐに物見山のほうへ向かう。一旦車道に出てのどかな風景を見ながら歩く。 歩きやすい道
 道端に座って絵を描く人がいた。しばし足を止め絵を見せていただきながら話をする。5月からはじめたとのことで小さなスケッチブックに、何枚かの絵が描かれていた。
 また登山道に入り、気持のいい杉の間の道を行き物見山に着く。
 横に広く前方が開けたこの頂上も、吹き上げてくる風がとても気持ちいい。ちょうどいい時間なのでお昼にする。
物見山頂上
 物見山から北向地蔵へ、そこから鎌北湖に降りて温泉にというのも魅力だったが、ユガテを回って東吾野へ下ることにする。
 ユガテは動物除けか、柵ができ、花いっぱいの桃源郷のイメージが少し崩れはしたものの、やっぱりその懐かしい風景に浸ると、気持ちがゆったりする。
 途中、冷たい水にハンカチを浸し汗を拭う。思いのほか急な道を下っていく。
 高い山も低い山もそれなりに大変。(^_^;)
北向地蔵
 帰ってみればこの日各地で猛暑日だったとか。
 低山の登ったり下ったり、この暑さと相まってやっぱりかなり疲れたけれど、1日家でゴロゴロしているよりははるかに有意義なもの。アクセスも便利なこの方面、改めてもっと来たいと思う。

 巾着田の彼岸花、1週間後の秋分の日ごろにはちゃんと見ごろになるんだろうか。。。
ユガテ

 

1999年12月の日和田山のページへ

2001年9月17日の巾着田〜日和田山のページへ

2011年9月18日の天覧山〜多峰主山〜巾着田のページへ




三ツ峠のページに戻ります。 平標山のページに行きます

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。