2007年10月28日(

鍋足山  なべあしやま 茨城県 529m 3名 
最寄りIC  常磐道「那珂インター」 国道349号を約40分
参考
歩行時間
 3時間40分
参考
コースタイム
 常陸太田市役所支所→20→鍋足山入口→40→鍋足山頂上→40→551.7m三角点→20→小中宿分岐→20→背戸の沢終点→20→小中宿→60→常陸太田市役所支所(JR:駅からハイキングより)
歩行時間  3時間

コースタイム  常陸太田市役所支所→25→鍋足山案内板→50→鍋足山頂上→50→中ん滝・北ノ滝分岐→55→常陸太田市役所支所

 台風一過の青空が広がるこの日、2年ぶりにご一緒することになった I さんの「どこか行こうよ」のお誘いに、以前から気になっていた茨城県の鍋足山に行くことにした。

 書店やネットを探してもなかなかこの山の詳しい案内がなく、これにはあるだろうと購入した「茨城県の山」にも載っていないため、何年か前のJRの「駅からハイキング」を参考にする。
 
 常陸太田市役所支所前に車を停める。
常陸太田市役所支所(旧里美村役場)
ムラサキシキブ  日曜日なのに、支所は開いていて、トイレを借りることができる。また、職員の方がパンフレットを持ってきて、いろいろ説明をしてくれた。

 支所前から神社の前を通り、鍋足山入口の案内が立つ角を左の林道に入っていく。
 ムラサキシキブが咲いている。
鍋足山入口の案内が立つ
 林道を緩やかに登って行くと、まもなく、案内板が出てくる。林道は切れ、ここから登山道になる。あけびが道にいくつもころがっている。

 「茨城県はクマがいるんだっけ?」
 「いるんじゃない?」
 「ずっと話ながら行けばいいんじゃない」
 「クマが出たら、食べ応えのある人を差し出さないと・・・」
 「今日はいないよ・・・」
紅葉し始めた山々
 私は、熊鈴を出した。(^^ゞ

 大石への分岐を過ぎ、少しずつ高度があがるにつれ、周りの山々が目の下になる。紅葉が始まったばかりの木々は前日の雨に洗われ、まだ薄い色合いにも関わらず、とても鮮やかに見える。
 大きなゴツゴツの岩をよじ登ると絶景が広がる。
 「い〜じゃな〜い」
 たった500mちょっとの山ではあるが、周りに高い山がないため、そのあまり広くない頂上からは、ほぼ一周の展望が得られる。
 雪を被った男体山、女峰山もうっすらと見える。
鍋足山頂上
 時間もまだ早いので、三角点のある551.7m地点を目指す。
 鍋足山までのコースとはうってかわり、こんなところ? というような急な崖のようなところを下る。木の枝につかまりながら降りると、その枝がスコンと抜けてずるずると滑る。気をつけてゆっくりと下る。
 案内標識も、リボンも少なく、肝心のところに案内がない。
 崩壊したような場所を下ってしばらく行くと、歩きやすい道になるが、あとから考えると、この辺りが地図にない分岐になっていたようで、結局三角点には行かず、どんどん下ってしまい、笹原の案内のある場所に出る。
崩れた急坂を下る
ハッチメの滝  小さな沢を横切りしばらく行くと、杉の木の間から、綺麗な滝が見える。ハッチメの滝だ。この先に中ん滝・北ノ入滝の案内がある。距離が書かれていないので、どの程度か分からないが、時間も早いので、見に行くことにする。道は2本。こちらかと、検討をつけ1本を選んで少し登って行くと、なんとお墓に出てしまった。 のどかな山里
?  もう1本、道があったが、どこまで行けばいいのか読めないので、やめることにする。今日はこんな日かも。(>_<)

 「これは渋柿、甘柿?」
 のどかな山里の風景の中、国道と並行した車の通らない(?)車道を、たわわに実る柿の実や、珍しい木の実を見ながらのんびりと、支所まで戻る。
 そろそろお昼の時間、休憩を取り損ねたので、支所の職員の方に聞いた、薄葉沢ハイキングコースに行くことにする。

 国道349号を車で数分行くと大滝・小滝の案内がある。そこを右に入って行くと、林道はだんだん細くなり、やがて終点の駐車スペースに着く。数台はおけそうだがそれほど広くない。

 ぐるっと一周9kmほどの滝見のハイキングコースになっている。
 駐車スペースからほんの数分のところに、中滝・小滝・大滝がある。
 大滝の前のベンチでお昼休憩にする。 I さんが持ってきてくれた熱い豚汁とコーヒーで体を温めながらゆっくりと休む。
 まだ紅葉は全くしていないが、袋田の滝のように観光地かされてもいないこの見事な滝に、感動! 穴場中の穴場だ。

 月居温泉で日帰り入浴したあと、リンゴ園でリンゴの試食。お土産のリンゴを購入。
 もう一つの予定の那珂湊のおいしいお寿司は逃したものの、盛りだくさんの楽しい山歩き(?)に満足!(*^_^*)
間近で見られる小滝
大滝 豚汁でお昼〜(^v^) リンゴ園



2016年3月26日の鍋足山のページへ



平標山のページに戻ります。 関八州見晴台〜黒山三滝のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。