2007年11月4日(

関八州見晴台

関八州見晴台  かんはっしゅうみはらしだい 埼玉県 770m 2名
最寄り駅  往き:西武池袋・秩父線「西吾野」
 帰り:東武越生線「越生」
バス  帰り:黒山→越生
参考
歩行時間
 3時間20分
参考
コースタイム
 西吾野→20→分岐→1:10→高山不動尊→25→関八州見晴台→1:10→黒山三滝→15→黒山バス停
歩行時間  3時間30分

コースタイム  西吾野→15→パノラマコース分岐→1:10→高山不動尊→30→関八州見晴台→25→花立松峠→1:00→黒山三滝→10→黒山バス停
これもアザミ?  ちょっと訳あり (^_^;) 、予定を変更して、高山不動尊から関八州見晴台、黒山三滝に下るコースを歩くことになった。
 青空が広がり、さわやかな風が吹き、まさに秋真っ盛り。
 西吾野駅から高山不動尊へは3本のコースがある。
パノラマコースからの眺め
 小さな3つの滝を見ながら行く林道のコース、萩の平からの、よく整備されたコース、そして地図には載っていない、新たにできたらしいパノラマコース。
 今回は、三度目なので、まだ歩いていないパノラマコースを行く。関八州見晴台で、よくないと話している人がいたが、ごく普通の里山の中の道といったこのコース、私は結構好きだ。
萩の平からのコースと出会う
お茶の花?  途中、いくつか、見晴らしのよい場所もある。
 しばらく行くと、萩の平からの道と会う。とても歩きやすい道で、膝を痛めているKさんの足にも負担が少ないかも。。。

 高山不動尊の樹齢800年という立派な大イチョウは、まだまだ緑色だった。
高山不動尊の「子育てイチョウ」
マユミ  関八州見晴台は、家族連れや外人さんの団体などで、賑わっていた。山が幾重にも連なってずっと遠くまで見渡せる。
 残念ながら富士山は雲の中。

 お昼休憩を済ませ、花立松峠へ下る。ここで車道に出て少し進むと、右手に入る登山道がある。
高山不動尊
花立松峠からの風景  少しだけ色づいた山肌の間に、白い道がず〜っと伸びているその先に、犬を連れたハイカーが登って来るのが見える。 
 遠くの山がずっと先まで見えて、周りもぐるっと見渡せる。
 「気持ちい〜い」
 沢から水を引いた「日照水」とあるところでまた車道に出る。
花立松峠から黒山三滝へ下る
黒山三滝へのコース  しばらく下ると、また右手に入る案内が出てくる。ここを下ると黒山三滝に出る。
 マイナスイオンをたくさん取り込もうとしているのか、滝の前で深呼吸を何度もしている人がいた。

 ここから数分の黒山バス停から、越生に出て帰宅した。

黒山三滝

 

1999年10月の関八州見晴台のページへ

2001年9月7日の顔振峠〜傘杉峠〜黒山三滝のページへ

2005年6月19日の関八州見晴台〜顔振峠のページへ

2010年11月14日の関八州見晴台〜黒山鉱泉のページへ



鍋足山のページに戻ります。 蕨山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。