高鈴山〜助川山

2008年4月29日(

高鈴山頂上 

高鈴山  たかすずやま 茨城県 623m 3名
 助川山  すけがわやま 茨城県 312m
最寄り駅  JR常磐線「日立駅」
バス  往き:日立駅→御岩神社前 ¥530
参考
歩行時間
 4時間20分
参考
コースタイム
 御岩神社前バス停→1:55→高鈴山→15→四辻→25→百体観音→1:10→海防城跡→35→日立駅 
歩行時間  4時間55分
コースタイム  御岩神社前バス停→45→賀び礼神宮→20→向陽台分岐→45→高鈴山→15→四辻→40→百体観音→45→助川山→50→海防城跡→35→日立駅 
御岩神社  イワウチワの群落を見たいと、高鈴山に行くことになった。
 日立駅からバスに乗り、御岩神社前(旧スケート場前)で降り、案内の方向に進むとすぐに御岩神社の境内になる。
 社務所の前にはミズバショウ、シロヤシオが咲いている。
シロヤシオ
山門  立派な山門をくぐり歩いて行く。
 もっと寂れた小さな神社を想像していたのだが、予想に反して広い境内は鮮やかな満開のシャクナゲに彩られた、美しい神社だった。
猫がいっぱい。クリックでよく見えます。
シャクナゲが満開  先が3本に分かれたのか、それとも3本が根元でくっついたのか、「森の巨人たち100選」という看板のついた立派な三本杉は推定樹齢500年という。
 そして、他では見たことがない、珍しい猫の石仏(?)も・・・。
賀び礼神宮
新緑のコース  社殿の脇から登山道に入りしばらく登ると、賀び礼神宮の前に出る。ここの大岩にもイワウチワの群生があるらしいのだが、どこにも見当たらない。結局この先の群生地という御岩山にも影も形もなかった。やはり遅すぎたようだ。 鉄塔が見えるあずま屋
高鈴山頂上の展望台  桜が咲く高鈴山の頂上で少し早いお昼休憩にする。ぼや〜と霞んでいるものの、見晴しがよく、気持ちのいい頂上だ。四辻まで車が入るため、登山者だけでなく観光客も登ってきて、この景色を楽しむことができる。 百体観音
 下山は、前回来たときとは逆に、助川山を通って日立駅まで歩く。
 桜がはらはらと舞い落ち、馬酔木の花がこぼれ落ちるように咲き、濃い、薄いと様々なスミレが道端を彩る。
 ショウジョウバカマの群生の名残がある。

 百体観音の近くで、カタクリの群生地があるはずと、探すグループがいた。結局これも終わっているようで、どこにも、見当たらない。
ご褒美? シラネアオイ
おむすび池  登山道からおむすび池に出て、しばらく広い公園の中を歩く。
 前回パスした助川山にも登ることにする。カタツムリルートで500m、直登で5分もかからないが、頂上からはぐるっと360度の素晴らしい展望が望める。
 吹き上げてくる風が寒いくらいだ。
助川山頂上
助川山頂上のあずま屋  公園を出て、石を運ぶケーブルの下にあるトンネルをくぐるとまた登山道になる。チゴユリが一面に咲く。オレンジのヤマツツジが緑の中に目立つ。

 日立駅近くの和菓子屋で、名物の「大みかまんじゅう」をゲットし、帰宅の電車に乗り込んだ。
公園出口と石を運ぶケーブル


 2005年の高鈴山のページへ


守屋山のページに戻ります。 

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。