2008年5月18日(

大鹿峠分岐付近

滝子山  たきこやま 山梨県 1620m 6名
最寄り駅  JR中央線 往き:「大月駅」 帰り:「初狩駅」
タクシー  往き:大月→道証地蔵 ¥4490
参考
歩行時間
 5時間05分
参考
コースタイム
 道証地蔵→50→大鹿峠分岐→1:50→滝子山→1:50→藤沢子神社→35→初狩駅
歩行時間  5時間45分
コースタイム  道証地蔵→1:00→大鹿峠分岐→1:00→大谷ヶ丸分岐→35→滝子山→35→男坂女坂分岐→30→檜平→1:30→藤沢子神社→35→初狩駅 
道証地蔵  はじめましての「はなねこさん」とそのお友達、1年ぶりのSさん、Uさん、と大月駅で待ち合わせ、滝子山登山口の道証地蔵(みちあかしじぞう)までタクシーで行く。
 ずっと舗装道路で、笹子駅から歩けば1時間20分かかる。
ラショウモンカズラ
沢沿いの道を行く  数人の登山者を尻目にぐんぐんと距離を稼ぐ。少し申し訳ないような、得したような・・・。(^^ゞ
 登山口から右手に少し下って沢を渡る。澄んだ流れに沿って、降り注ぐ新緑のシャワーを浴びながらゆっくりと進む。 
 小さな滝が次から次へといくつも出てくる。
三丈の滝
 曲沢峠方面との分岐では、巻き道に行くか直進するか迷うが、前を行った人も戻って来ないので、崩壊地は通れるようになったのだろうと、直進することにする。崩れた斜面につけられた道は造林小屋を過ぎるとまもなくぱっと開けた尾根道になる。
 大量のヤブレガサ、ポツリとエンレイソウ。
 「この花は何?」「ワチガイソウ」「これは?」「ルイヨウボタン」
 すらすらと答えてくれるはなねこさん。
 「すご・・・、まるで花名図鑑だわ」
開けた防火帯に出る
マメザクラ  せいぜい50cm四方の水たまりのような鎮西ガ池と白縫神社のそばには、マメザクラが咲いていた。
 ここから始まる急坂をしばらく登り分岐を右手にさらにひと登りすると、滝子山頂上に着く。
 あまり広くない頂上は大勢の人でさらに狭く感じる。
鎮西ガ池
 天気がよければ素晴らしい展望がある・・・らしいが、ガスっていて何も見えない。
 適当な場所を探してお昼休憩にする。

 下山は先ほどの分岐まで下り、初狩駅方面に向かう。数分のところに三角点のある1590m峰がある。
 檜平まで下る男坂女坂の分岐は女坂を行く。
 この女坂を下る途中にハプニングは起こった。
滝子山頂上
 後ろでKさんがずるっと滑ったようだった。派手に転んだとか尻もちをついたとかいうこともなく、ちょっと滑ったのを「えいっ」とこらえた、という程度に見えた。しかし本人いわく、ぐきっと音がしたらしい。
 それが、なんと足首にひびが入り、全治3カ月の大ごとだった。

 ともかくこの時はそんな大事とは思わず、念のためにSさんに上手にテーピングをしてもらい、ゆっくりと、痛い足を引きずるようではあったものの、自力でなんとか歩ききったのだったが・・・。
ツツジ
 尾根道を離れ、急坂を下り、さらにひたすら下っていく。やっと山道が終わると沢を渡り林道に出る。
 すると何やら看板のある民家があった。公開しているようで、入ると枯山水の庭がある。
 綺麗に模様のついた小石の敷かれた庭を見て、ふとくだらないことが頭に浮かんでくる。
 「うちの猫たち、こんな庭に出たらトイレと勘違いして張り切ってざっざっと砂かきしそう・・・」
分岐
藤沢子神社  立派な大杉のある藤沢子神社にお参りし、あともう少しで初狩駅。楽しかった「はじめまして山行」も終わる。

 パトカー、救急車が山の方へ向かっていく。ヘリコプターも飛んでいる。事故だろうか・・・。
 救助隊のお世話になるようなことのないように、気をつけなければ・・・。
 そして、早く治さないとね、Kさん、夏山が待ってるよ。
ワチガイソウ ルイヨウボタン ギンラン



2013年5月19日の滝子山のページへ



高鈴山のページに戻ります。 権現山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。