権現山

2008年月6日15日(



権現  ごんげんやま 山梨県 1311.9m 2名
雨降山  あめふりやま 山梨県 1177m
高指山  たかさしやま 山梨県 911m
不老山  ふろうさん 山梨県 839.4m
最寄り駅  JR中央線「上野原」
バス  往き: 上野原駅→初戸 ¥690
 帰り:
 不老下→上野原駅 ¥480
参考
歩行時間
 5時間40分
参考
コースタイム
 初戸→1:40→992峰→30→雨降山→40→権現山→30→和見分岐→30→和見峠→10→棚頭・不老山分岐→30→高指山→20→不老山→50→不老下 
歩行時間  5時間05分
コースタイム  初戸→2:05→雨降山→40→権現山→25→和見分岐→30→棚頭・不老山分岐→20→高指山→20→不老山→45→不老下
 「もうダメ、ずっと歩いてないんだもの、うずうずしてたまらない」
 Mさん、今回かなり意欲的。週末の天気がいま一つ良くないことが続き、うずうずは私だけではなかったようだ。(^^)
 暑いかもしれない、花もないかも。でもとにかく歩きに行こうと、以前から気になっていた権現山に行くことにする。
初戸のバス停付近
 上野原からのバスを初戸(はど)の停留所で降り、案内に従って民家の庭先のようなところから登山道に入っていく。
 雑木とヒノキの中のジグザグの登りがいつまでともなく続く。柔らかく歩きやすいが展望もなく単調なコースをただただ黙々と歩く。汗がポタポタと落ちる。山を歩く人は辛抱強くないとね・・・。

 食害防止のため(?)か、ヒノキの幹にグルグルとテープが巻かれている。
ヒノキの幹にテープがぐるぐる巻き
鉄塔の立つ雨降山頂上  やがて、鉄塔が立つ面白味のない雨降山の頂上にMさんに10分遅れて到着。(@_@)ふぅ〜
 ここで用竹からの道と合わせ、権現山に向かう。
雨降山の分岐
すみれの丘  雨降山からすぐ先は二手に分かれていて、右手を選ぶと、すみれの丘という開放感のあるところを通るが今は花は見当たらない。和見分岐で先ほど分かれた道と合流する。オレンジのツツジが咲く平坦な道をしばらく行くと、日本武尊が祀られた大ムレ権現がある。 ツツジが咲く
大ムレ権現  この大ムレ権現の左手から急坂を登り切ると静かなそれほど広くない権現山の頂上に着く。風が通り、暑くもなく寒くもなく、とても気持ちがいい。
 ゆっくりとお昼休憩にする。

 下山は先ほどの和見分岐まで戻り、不老下バス停のほうに下る。
権現山手前の急登
権現山頂上  当初、棚頭のほうに下る最短距離を予定していたが、上野原駅からのバスに同乗していた乗務員さんによると、「眺めが抜群、歩いてれば着いちゃうから」と不老山を通るコースを進められ、予定を変更、その抜群の眺めを鑑賞するため不老山に寄ることにした。 和見分岐
棚頭分岐から不老山方面へ  棚頭との分岐を左にいったん下り、そして登ると真新しい立派な標識の立つ高指山の頂上に着く。ベンチがあるが展望はない。
 高指山からさらに20分ほどで南がパァーと開けた不老山に着く。確かに見晴らしがいい。
名前が分からない白い花が多い
不老山頂上  展望のよい小さな神社を通りすぎ、墓地のある登山口で車道に出ると、あとは不老下バス停まで、1時間に1本のバスに間に合わせるべく、歩を早める。
 私たちだけ貸切状態のバスで、上野原駅に戻った。
小さな神社



2009年11月23日の権現山のページへ



滝子山のページに戻ります。 棒ノ折山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。