棒ノ折山

2008年7月6日(

棒ノ折山頂上

棒ノ折
(棒ノ嶺)
 ぼうのおれやま
 (ぼうのみね) 埼玉県 969m 2名 さわらびの湯
最寄り駅  往き: JR青梅線「川井」 帰り: 西武池袋線「飯能」
バス  往き: 川井→清東橋(西東京バス)
 帰り:
 さわらびの湯→飯能(国際興業バス)
参考
歩行時間
 3時間40分 
参考
コースタイム
 清東橋→1:50→棒ノ折山→10→ゴンジリ峠→15→岩茸石→1:00→白谷沢登山口→25→さわらびの湯バス停
歩行時間  4時間10分
コースタイム  清東橋→50→山ノ神→1:15→棒ノ折山→10→ゴンジリ峠→20→岩茸石→1:05→白谷沢登山口→30→さわらびの湯

 多少の雨でも歩きましょうと、川井駅ではなねこさんと待ち合わせ、3回目の棒ノ折山に行く。
 川井駅からのバスはほぼ座席が埋まった。ほとんどが登山者で、終点の清東橋で降りる。立派なトイレと休憩所がある。
 歩き始めて10分ほどで舗装道路から沢沿いの登山道に入る。水音を聞きながらゆっくり登る。白いアジサイの花、マタタビの花が咲く。
 曇り空で、カンカンと照りつける太陽がないのは助かるが、汗は次から次へと噴き出る。
川井駅前のバス停
わさび田  きれいで豊富な水を利用できるからだろうか、わさび田がいくつも並ぶ。
 山ノ神の祠のあるところでこの沢と分れ、まっすぐ伸びた綺麗な、しかし変化のない杉の林の中をジグザグに登っていく。こうなると花もないので、寄り道をしないはなねこさんは速い。(^_^;)
山ノ神
? キツリフネ マタタビの花
 淡々と登っていき、ポッと出たところが、広くて気持ちのいい棒ノ折山の頂上で、この暑いのに登山者は多く、そしてそれはどんどん増えて、ますます賑やかになる。木陰のベンチでの昼休憩は爽やかな風で汗もひき、しばし暑さを忘れさせてくれる。

 下山は丸太の長い階段を下るところから始まる。まだまだ登ってくる人たちも多い。
コアジサイ  林道を突っ切り、白谷沢への沢沿いのコースになる。
 同じコースでも、登りで見る景色と下りで見る景色はだいぶ違うように感じる。
 沢を何度も右へ左へと渡り返し、登りにはそれほど感じなかった緊張感も味わう。
岩茸石
 白孔雀の滝付近  有間ダムの堰堤を渡り、さわらびの湯までの車道が長く感じられた。
 「今日の登り、もう少しあってもいいな〜」とはなねこさん。
 ひえぇ〜、この暑さですから、私には十分でございます。(^_^;)
白谷沢登山口



2000年8月の棒ノ折山のページへ

2001年7月30日の棒ノ折山のページへ


2012年1月29日の棒ノ折山のページへ

2012年8月6日の棒ノ折山のページへ

2015年1月17日の棒ノ折山〜惣岳山のページへ



権現山のページへ戻ります。 南月山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。