2008年月10日5(

五百羅漢

鐘撞堂山  かねつきどうやま 埼玉県 330m
 2名 かんぽの宿寄居
最寄り駅  秩父線
 往き: 「桜沢」  帰り: 「波久礼」
歩行時間  2時間40分
コースタイム  桜沢→5→八幡神社→10→八幡山→35→谷津池→25→鐘撞堂山→20→円良田湖→10→羅漢山→15→少林寺→30→かんぽの宿寄居→10→波久礼


 まず電車で座って行けて、そこそこ歩いて、美味しいものがあって、温泉があったらいいな〜、というA様のご要望。
 これは山歩き? 行楽? (^_^;)
 ともかく、こんな訳で鐘撞堂山に行くことにする。猫もいるし・・・。

 「ロングウォーキング」のイベントがあるとのことで、混み合った秩父線に乗り、桜沢の駅から歩き始める。
八幡神社
ベンチがある  八幡神社にお参りし、神社の裏手から登山道に入る。いきなり急登だが、数分でベンチの置かれたスペースに出る。八幡山の頂上はまだこの先にある。 八幡山頂上
谷津池に向かう  小さな登り下りをくり返し、谷津池分岐を下り谷津池に降りる。釣りをしている人がいた。
 分岐に戻り再び、階段やまき道を使い登っていく。
谷津池が見える
鐘撞堂山の展望台が見える  右手には先ほどの谷津池が、左手前方には鐘撞堂山の展望台が見えてくる。
 もやっとした天気で、頂上から見える山々もうっすら。
鐘撞堂山頂上
また会ったね  小休止の後、円良田湖に降りる。ここでも大勢の釣り人がいた。
 何代目になるのか、まだ若い白い猫に、またまた出会った。ひっきりなしに、ミャー、ミャーと鳴く人懐こさだ。
円良田湖
羅漢山への階段  木の階段を登った羅漢山では数人の人が絵を描いていた。五百羅漢を見ながら少林寺に降りる。粘土のような湿った土がツルツルっと滑る。
 と、「山をナメルナ(笑)!」の声。
 えっ、はい。(^_^;)
少林寺
 少林寺はロングウォークのコースになっているようで、多くのハイカーで賑わっていた。
 ここまで来ればあとは美味しいもの、と以前見つけたレストランに行く。が、これがなんと廃業!?
 コスモスが咲き、金木犀の香るのどかな田舎の道を、「かんぽの宿寄居」まで行き、ランチと温泉で締めくくった。
 ご要望、なんとか全部クリアの行楽コースでした。。。
コスモスが咲く道

瑞牆山のページに戻ります。 奈良倉山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。