雷電山

2008年10月26日(

雷電  らいでんやま 東京都 494m 4名
最寄り駅  JR青梅線 往き:「軍畑」  帰り:「青梅」
参考
歩行時間
 3時間20分
参考
コースタイム
 軍畑→30→榎峠→1:00→三方山→1:00→矢倉台→50→青梅
歩行時間  4時間30分
コースタイム  軍畑→30→榎峠→30→雷電山→25→辛垣城址→15→名郷峠→1:35→矢倉台→1:15→青梅

 鷹ノ巣山に行く、と家を出たものの、車窓からは傘をさす人が見え、地面も濡れている。こんな日には長く歩く山はやめよう、と簡単に決まる。
 それではどうするか、このまま帰る、温泉でまったりする、高尾山に行く、意見はいろいろ。地図を広げて雷電山を見つけ、電車から飛び降りる。
 軍畑の駅からゆっくりと歩き始める。前に行くグループは平溝橋を左に入っていく。高水三山の方向だ。私たちはこのまま直進する。
平溝橋
榎峠  榎峠から丸太の階段を上がっていく。30分ほどで雷電山頂上に着く。狭い頂上は北東側が少し開けている。
 杉の林を行く。途中、辛垣(からかい)城址への案内に従って、ぐるぐるとまわっていく。辛垣山の簡単な標識がある。
雷電山頂上
辛垣城址  辛垣城はこの辛垣山の頂上にあったということだが、その名残は何も見られない。案内板の前を右に進み、滑りやすい坂を下ると、辛垣城跡登り口の案内のある先ほどのコースに戻る。 右手に進みコースに戻る
辛垣城跡登り口に降りてくる  ここから十数分で名郷峠に着く。ここから二俣尾の駅に下ることができる。このコースにはこの先、何か所か石神前や日向和田などの駅へ抜ける分岐がある。 名郷峠を振り返る
片側切り払われた見晴らしの良い尾根  展望がある個所が出てくると、切株や丸太のベンチもあちこちに置かれ、休む場所がいっぱい。ついつい、のんびりしてしまう。重なる山々の間から、煙のようなガスが上がっている。 長い丸太のベンチ
 地図にある三方山の案内はなかなか出てこない。出会ったハイカーに聞くと、途中、ケモノ道のようなところを入っていくと、三角点のある頂上に行くとのことだった。知らずに巻き道を通ってきたため、いつの間にか通り過ぎてしまった。
 途中のベンチでお昼休憩後、さらに青梅丘陵ハイキングコースを行く。辛垣城の物見櫓だった、矢倉台からの見晴らしもいい。
矢倉台
 あずま屋のある第4休憩所があり、そして、この先に第3から第1までの休憩所があるが、それらは多少の違いはあるものの、丸太の階段をコースから外れて登っていく先にある。休憩するには登らなければならないのだ。(^_^;)
 歩きやすい気持ちのいいコースだが、休むところがたくさんあり、時間もたっぷりあるということは、ついつい休憩をとり、まただらだらと歩いてしまうことにもなる。でもこんな歩きもまた良し。(^^)
第4休憩所
休憩所にいた猫  この辺りは綺麗な広葉樹の林になるが、色づきはまだまだ見られない。
 近くの「風の子太陽の子広場」から、大きな音が流れてくる。「おいらく会会場」とある。(^_^;)
気持のいいコース
鉄道公園  鉄道公園に出たら、車道を右手に下り青梅駅に向かう。
 線路の途中でレトロなカフェを発見。そのたたずまいとスパイスの香りに誘われ、締めくくりのまったりお茶タイムをとり帰宅となった。
レトロなカフェ「夏への扉」

小金沢山のページに戻ります。 鷹ノ巣山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。