生藤山

2009年2月15日(日)

茅丸から連行峰への道

生藤  しょうとうさん 東京都 990m 2名
熊倉山  くまくらやま 東京都 966m
茅丸  かやまる 東京都 1019m
最寄り駅  往き: JR五日市線「武蔵五日市」
 帰り: JR中央線「藤野」
バス  往き: 武蔵五日市→上川乗
 帰り:
 和田→藤野
参考
歩行時間
 4時間40分
参考
コースタイム
 上川乗→1:25→浅間峠→45→熊倉山→25→三国山→5→生藤山→15→茅丸→15→連行峰→30→山の神→1:00→和田
歩行時間  4時間45分
コースタイム  上川乗→1:10→浅間峠→55→熊倉山→25→三国山→5→生藤山→20→茅丸→15→連行峰→30→山の神→30→一軒家→35→和田
 このまま春になってしまうのかと思うほどのポカポカ陽気の中、3度目の生藤山に行く。
 幾つかのルートがあるが、今回は上川乗から歩くことにした。
 武蔵五日市ではこの時期もかなりの人数がバス停に並ぶ。9時発は臨時バスが1台出て、それでも立っている人がいる。上川乗で下りたのは4、5人。浅間尾根に行く人が多い。
 反対のバス停の方にトイレがある。
上川乗バス停
登山口  数馬方面に少し進み、左折して数分行くと登山口がある。
 登山道に入ると、杉の林がずず〜っと続く。途中、祠がある。
祠がある
杉林から雑木林に  やがて落葉した雑木林になり、まもなくあずま屋のある広い浅間峠に着く。
 ここで日原方面へ下る道、笹尾根を土俵岳から三頭山へ行く道、そしてこれから進む熊倉山から生藤山へ行く道と分かれる。
浅間峠
熊倉山  大きなピークを3つ超えて着いた狭い熊倉山の山頂では、数人のグループがランチタイム中。ベンチが3つある。ここでゆっくりもいいが、もうひと頑張りすることにする。 熊倉山頂上
軍刀利神社前  途中、軍刀利神社がある。片側が開けベンチが置かれていて広い。
 丸太の階段を降り、そしてその先を登って三国山に着く。
軍刀利神社
 南西側に開けたその頂上から見る景色は、先ほどの軍刀利神社前の広場からの風景とほとんど同じだ。
 桜の木が並ぶ三国山山頂は、以前来たときには、大勢の人で座る場所もないほどだった。今回は、私たちの他には男性が一人だけ。
 お昼休憩後、急で岩がちの道を生藤山に登る。狭い頂上で、「藤野町15名山」とある。
三国山頂上
生藤山  下りも同じく急な岩がちの道で、三国山からの巻き道を合わせると、カサカサと落ち葉を踏む、ところどころ滑りやすい部分もあるが、おおむね緩やかな歩きやすい道になる。
 狭い頂上の茅丸も「藤野町15名山」となっている。
茅丸頂上
連行峰  要所要所にしっかりと標識があり、ベンチも置かれている。
 口からついつい出てくる。
 「気持ちい〜ぃ♪」(*^_^*)

 冬枯れの気持ち良いこの尾根歩きは、今回は山の神まで。
山の神と手書き?
 直進すれば、陣馬山まで続く魅力的なコースだが、長くなるので、今回はここから下る。
 途中、目の前にさえぎるもの、枝1本さえないビューポイントに出た。暖かな春のような日で、風景も春霞の中のようにぼんやりとしているが、目の前にはなだらかな浅間尾根(多分)が見える。
 あとは再び杉の中を、黙々と下る。
ビューポイントから
 途中に、車も入れない地図に載っている一軒家がある。男性が一人、ラジオを流しながら庭で作業をしていた。
 聞くと、バイクで行き来しているということだった。はたから見れば不便な場所と思うがきっと住めば都なんだろうな。
 古木の梅に白い花がつき、陽の光にキラキラと輝いて見える。
古木の梅
沢沿いの道  ここから少し下がると、沢沿いに道は広くなる。流れる水の綺麗なこと。
 途中、アスファルト道路が山にぶつかって工事中の状態だった。
 これ、どうやってどこまで続くのだろう・・・。
山にぶつかっている道路