矢倉岳

2009年3月1日(

矢倉岳頂上

矢倉岳  やぐらだけ 神奈川県 870m 4名
最寄り駅  小田急線「新松田」
バス  往き: 新松田→矢倉沢
 帰り: 地蔵堂→新松田
参考
歩行時間
 3時間35分
参考
コースタイム
 矢倉沢→1:30→矢倉岳→15→山伏平→45→万葉公園→15→足柄古道分岐→50→地蔵堂
歩行時間  3時間30分
コースタイム  矢倉沢→1:40→矢倉岳→15→山伏平→40→万葉公園→15→足柄古道分岐→(足柄公園散策)→45→地蔵堂
 天気は曇り、展望は望めないだろうと思いつつ、久し振りの4人で出かける。
 地蔵堂行きのバスを矢倉沢で降りて、歩き始める。2階家の壁面に矢倉岳ハイキングコースの案内が大きく書かれている。左折して民家の間を行く。フキノトウが幾つも顔を出している。
 古い神社に突き当たる。
神社にぶつかる  左折し車道をさらに緩く登っていくと、やがて登山道に入る。
 展望のない杉の林の中を登っていく。
 落葉した気持のよい雑木林に変わると、間もなく、開けた矢倉岳の頂上に着く。
神社
気持のよい雑木林  バスの乗客も少なかったが、頂上も10数人。富士山展望の山なのに真正面にあるはずの富士山は残念ながら影も形もない。 矢倉岳頂上
 下りは万葉公園方面に降りる。滑りやすい急坂で、尻もちをついたらドロドロになりそうだ。こちらから登ってくる人がアイゼンをつけていたが、雪のためではなく、このズルズル道の滑り止めなんだ。
 なぜか穴がたくさんあいていて、モグラのあけたようなものから、木の周りがざっくりと掘られた大きなものまである。
足柄関所跡
 「これ、木を盗もうとしてるの?」とKさん。まさにそんな感じだが、まさかね・・・。

 万葉公園には、ミツマタ以外は花らしい花もなく、人は誰もいない。さらに先に進んだ足柄城址公園にも誰もいない。
 そして、ここから見えるはずの富士山もやはり見えない。石碑の上にカラスが一羽止まっている。
足柄城址公園
足柄古道入口  足柄古道の入口に戻り、車道をショートカットしながら地蔵堂へ下る。
 丸い形の矢倉岳が正面に見える立派な車道を行く。
足柄古道
正面に矢倉岳  前回来たとき、車道のさらに下の方に新しい道を作っていた。それがこの道だ。

 地蔵堂前の万葉うどんで、名物のうどん(¥500)をいただき、ガラガラのバスで新松田駅に戻り帰宅した。
万葉うどん

生藤山のページに戻ります。 高尾山〜小仏城山のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。