権現山

2009年11月23日(

権現山  ごんげんやま 1311.9m 山梨県 2名
最寄り駅  JR中央線
 往き: 「猿橋」 帰り: 「上野原」
バス  富士急山梨バス 
  往き: 猿橋→浅川
  帰り:
 用竹→上野原
参考
歩行時間
 4時間25分
参考
コースタイム
 浅川→50→浅川峠→1:20→権現山→30→雨降山→45→二本杉→1:00→用竹
歩行時間  4時間15分
コースタイム  浅川→35→浅川峠→1:20→権現山→35→雨降山→45→二本杉→1:00→用竹

 天気予報は雨ということで、早々と山行きは諦めていたのに、夜の予報では傘マークがお日様マークに変わった。
 行かないモードを行くモードに切り替えるとバタバタとお山探し。じっくり調べる時間もなく、昨年行った権現山に決める。

 猿橋駅からのバスは、セーメーバンにバリエーションルートで登るという4人グループが奈良子入口で下り、私たちのほか6人が終点の浅川で下りた。
浅川バス停
 浅川峠への案内に従って、轍のあとのある林道を進み、やがて山道に変わると、徐々に高度を上げていく。扇山への道との分岐を過ぎるころ、葉がすっかり落ち、灰色の幹だけになった雑木林の中に、1本だけ濃いオレンジの紅葉の木があった。ここで小休憩する。この先からだんだん急な登りになる。 浅川峠付近
 ぽたぽたと汗を落としながら、ザクザクと落葉を踏みながら登っていく。途中、木々の間から大きな富士山が顔を見せる。
 麻生山との分岐に出れば、数分で権現山頂上になる。

 少し早いがお昼休憩にする。
権現山頂上
 それほど広くない頂上に10人ほどの登山者が、南側の大きな富士山に向かって、また北側の笹尾根の方に向かってと、それぞれ腰を下ろし休憩している。
 風もなく、それほど寒くはないが、汗が体を冷やすので上着を羽織る。
でっかい富士山
 権現山からすぐ下の大ムレ権現の社までは滑る急坂で、そこからほぼ平らな道を雨降山まで行く。
 和見との分岐に立つ「すみれの丘」の標識には5月3日との手書きがある。日当たりの良さそうな緩い斜面にどんなスミレが咲くのだろう。
権現山から雨降山へ明るい道
 電波塔の立つ雨降山からは薄暗い植林となり、しばらく進むと雑木林になりと、この繰り返しで用竹まで、あまり変化のないコースを行く。

 二本杉の分岐(二本杉には気がつかなかったが・・・)を過ぎ、墓村という変わった名前の村との分岐を分け、また雑木林に変わるころ、陽の光に透き通るような黄色やオレンジの葉っぱをつけた木々が多くなる。
雨降山付近の植林
二本杉と用竹間の紅葉  やがて、民家の屋根が見えてくると、集落を抜けて、用竹のバス停に着く。
 ベンチでのんびりおやつを食べながら、1時間10分の待ち時間を過ごした。
用竹集落に出る



岩殿山のページに戻ります。 鹿倉山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。