猪川渓谷〜三石山

2009年12月6日(

猪川渓谷

三石山  みついしやま 282m 千葉県 3名
最寄り駅  JR久留里線「上総亀山」
バス  往き: コミュニティバス風っ子号
参考
歩行時間
 4時間40分
参考
コースタイム
 長崎十字路→45→演習林黒滝ゲート→40→柚ノ木案内所→30→地蔵峠→1:30→三石山観音寺→1:40→上総亀山駅
歩行時間  4時間35分
コースタイム  長崎十字路→30→加勢案内所→55→柚ノ木案内所→25→地蔵峠→1:20→三石山観音寺→25→展望台→1:00→上総亀山駅

 東大千葉演習林の中にある猪川渓谷は、普段はカギがかかっていて、入れないが、年に数回一般公開される。この紅葉時期の土日もその一回にあたり、名残りの紅葉を求めて出かけた。

 久留里線の終点、上総亀山駅に降り立つと、真白な霧。数十人のハイカーはそれぞれ歩き始めている。長崎十字路までは歩いても25分ほどだが、私たちはコミュニティバスを待つ。
 上総亀山駅のコミュニティバスは、「せせらぎ号」と「風っ子号」の2台。せせらぎ号は普通のバスより少し小さめ、風っ子号はさらに小さいマイクロバスで、乗客は私たち3人だけだった。
 親切な運転手さんは、バスコースの廻り方や、この辺りの霧の多いこと、最近、鹿が多く、突然道路に飛び出してきて轢きそうになったことなど、いろいろ話をしてくれる。イノシシもサルも多いとのことで、イノシシの罠はコース途中でも見かけた。
風っ子号
長崎バス停前  長崎十字路でバスを降りると、数十人の団体さんが・・・。みんな猪川渓谷に行くのだろうか。
 オレンジ色の折木沢大橋を渡るころには霧は晴れ、くっきり青空が見えてきた。
折木沢橋
亀山湖。折木沢ボート乗り場付近  昨日の大雨のせいか亀山湖の水は濁っているが、その湖面にも紅葉は綺麗に映っている。

 加勢林道入口の案内所ではボランティアの方か、案内図を渡してくれる。特に署名などの必要はない。
加勢林道入口
黒滝前のゲートとトンネル  一つ目のトンネルを抜けたところが黒滝で、この先も3〜4つのトンネルがある。トンネルは川の中にもあり、かつて田畑に引くために、水の流れを変えたのだと、ボランティアの方が教えてくれた。 川のトンネル
黒滝  この演習林の中では、飲食は何カ所かにあるお弁当広場で行う。広場とはいっても、河原の少し広くなったところで、この日は昨日の雨で濡れていて座って休む気になれない。
古代杉「メタセコイア」  天に伸びるように金色に黄葉した古代杉「メタセコイア」の見本林を過ぎると、まもなく公開林道の終点になり、ここからは登山道に入って行く。 柚ノ木案内所
 地蔵峠は元清澄山との分岐で、名前のように、お地蔵様があるわけでもなく、特になんの変哲もない。広くもなく、展望もないが、お弁当広場となってもいるので、ここでお昼休憩をとることにする。この辺り、ほかにも何人もの人が腰を下ろし休憩していた。 地蔵峠
 粘土質で滑りやすい狭い道、逆に、見た目ほどには滑らない岩、たまに見せるなだらかな山々の風景など、緊張もし楽しみもしながら尾根道を行く。
 地蔵峠から1時間ほど行ったころ、ゴーンとお寺の鐘が聞こえ、12時を知らせた。
 急な階段を降り車道に出ると、目の前が三石山の入口だった。
三石山観音寺
 三石山観音寺の境内には高橋尚子さん(Qちゃん)らの手形がある。
 社務所の横の急な石段を登っていくと、大きな岩の裏に回る道があり、くり抜かれた岩の中に幾つもの観音様が並んでいる。一体一体に手を合わせる人もいる。
 頂上にある奥の院には縁結びを祈願する幾つものハンカチが結ばれている。
岩の中の観音様 手を合わせる人 縁結びのハンカチ
 この三石山観音寺の境内からの登山道は鍵をかけられて閉鎖されていたため、入口に戻り車道を上総亀山駅まで行く。建設されたばかりの展望台に登ってみると、真新しいあずま屋やベンチがあり、素晴らしい展望が広がるが、残念なことに、足元までコンクリートで固めてある。 展望台からの風景
車道を行く  1時間ほどの車道歩きで、上総亀山駅に着き、ホームに入っている電車に乗り込んだ。これを逃すと、2時間待つところだった。(^^)ホッ 上総亀山駅前

鹿倉山のページに戻ります。 蛾ケ岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。