尾高山

2010年1月1日(



尾高  おだかやま 533m 三重県 3名
参考
歩行時間
 1時間20分
参考
コースタイム
 尾高観音→45→尾高山→35→尾高観音
歩行時間  1時間15分
コースタイム  尾高観音→15→石仏→30→尾高山→30→尾高観音
観音堂  こな〜ゆき〜♪
 2010年は、鼻歌交じりのお気軽ミニ登山で始める。

 尾高山の登山口は他にもあるが、観音寺の境内にある登山口から参拝のついでに行ってみることにした。山に登る装備もなく、もちろん地図もない。お寺の裏山にちょっと運動がてら、といった感じだ。
 しかし、山を舐めてはいかん。(^_^;)
 この日は強風に粉雪が舞い、寒い寒い。
(((p(>v<)q)))!! ブルブル
観音寺境内の登山口
 ともかくその気になったのだからと、歩き始めが・・・。
 なんと書いてあるのか読めない立派な句碑が立ち、その先数分のところに朱に塗られたあずま屋がある。周りの木に覆われて展望はない。
 道はだんだん細く急になり山道らしくなってくる。
あずま屋
石仏  大きな岩の上に、顔のない(?)石仏が座っている。

 あれれ、ヤセ尾根あり、ロープあり。こんな靴で大丈夫か・・・。
えっ、ロープ?
 あたりにイワカガミかイワウチワか、似たような葉っぱがたくさんある。どんな花が咲くのだろう。
 長坂コース・見晴コースと道を合わせ更に進むと、洗谷コースと合流する。
 そこからは少し行けば尾高山の頂上に着く。
 頂上には鉄製の展望台があるが、登ってみると飛ばされそうな強風にまともにあたる。もちろん、天気がよければいいはずの展望も、全くなく、正面のこんもりした山容が吹雪の向こうにうっすらと見えるだけだ。
頂上の展望台
 長居は無用、観音寺まで駆けるように下る。
 境内に焚かれた火の暖かいこと。下りてくると風も止み、嘘のように穏やかだった。
 おみくじは末吉? あ、引いてなかった。(^_^;)
頂上からの景色

鳩吹山のページに戻ります。 大霧山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。