ミツバ岳〜権現山

2010年4月4日(

ミツバ岳  みつばだけ 神奈川県 834.5m 3名
権現山  ごんげんやま 神奈川県 1018.8m
最寄り駅  小田急小田原線「新松田」
バス  小田急湘南バス
 往き:「新松田」→「浅瀬入口」
 帰り:
「細川橋」→「新松田」
歩行時間  3時間50分
コースタイム  浅瀬入口→25→滝壺橋→1:05→ミツバ岳→55→権現山→35→二本杉峠→50→細川橋

 「山が黄色に染まるんだって」
 数年前、Sさんに聞いてから是非行ってみたいと思っていた、ミツマタの山、ミツバ岳。2010年の新しい地図にもその山名はあるものの、コースは載っていない。しかし、いいと言われる山なら行きたいと思う先人もいてしっかりと道はついているということで、時期的には少し遅いかなとは思いつつも、遠い丹沢目指して出かける。
 新松田からのバスは臨時便が出てほとんどの乗客は座れた状態で出発。檜洞丸のときとは大違いだ。
 浅瀬入口でバスを降り、落合トンネルを抜ける。小さな滝のある滝壺橋を渡ったところに登山口があり、ここから登山道に入る。
滝壺橋
 雑木林をジグザグに登って行く。団体さんも多く、すでに下ってくる人もいる。やがて杉林になり、また雑木林に変わると、辺りにミツマタの木が目立ってくる。やはり少し遅めだ。
 ミツマタも多いが、人もずいぶん多いなと思ったらそこがミツバ岳の頂上だった。
 あいにくの曇り空で富士山は見えない。
ミツバ岳頂上
 お昼にもまだ早いので、権現山へ向かう。ミツバ岳から少し下ったところで、山の会で来ていた休憩中のSさんと会う。この辺りもミツマタの木が多く、黄色というより白の点々が林の下のほうまで続いているのが見える。
 「白いイルミネーションみたいでキレイ!」とMさん。
ミツバ岳下の広々としたところ
 広々とした権現山直下の分岐に着くと、こちらでも大勢の登山者が休んでいた。野外卓がありちょうど発つグループのあとに陣取りお昼休憩にする。権現山の頂上はこの先数メートルのところで、標識が立っている。 権現山と二本杉峠との分岐
 どこからか12時を知らせる音楽が鳴った。空はますます暗くなり、ポツリポツリと小さな粒が落ちてきた。辺りはガスって白っぽくなっている。雨は夕方からの予報だったのに・・・。(>_<) 権現山頂上
 早々にお昼を済ませ、下山にかかる。
 急な下りをしばらく行くと、斜面が崩壊した箇所がある。小広い茅ノ丸を過ぎるとまもなく二本杉峠だ。野外卓がある。ここから屏風岩方面への道を分け、上ノ原登山口に下る。
権現山からの下り
二本杉峠  杉の林の中にもまだ丈の短いミツマタの木が点在する。あと数年もしたら、このあたりも黄色で染まるかもしれない。 杉林の中のミツマタ

 沢沿いの道へ出ると、立派すぎる(?)堰に憤慨しながら(笑)、そろそろ芽吹くだろう林の中を抜ける。名前のない神社に一応お参りして、桜咲く上ノ原集落を細川橋のバス停まで行く。すでに10人ほどの団体さんが並んでいた。この時間にも臨時便が出て、帰りもまたゆったり座って帰ることができた。




2012年4月8日のミツバ岳〜権現山のページへ


神成山のページに戻ります。 大塚山〜日の出山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。