ロックガーデン〜大塚山

2010年8月23日(

ロックガーデン

大塚山  おおつかやま 920m 東京都 単独
最寄り駅  往き: 青梅線「御嶽」
 帰り: 青梅線「古里」
バス  往き: 「御嶽」→「滝本」
歩行時間  3時間55分
コースタイム  富士峰園地→25→長尾平分岐→20→七代の滝→10→天狗岩→20→ロックガーデン→10→綾広の滝→5→大岳山分岐→25→長尾平分岐→40→大塚山→1:05→丹三郎登山口→15→古里

 暑くて出る気になれないと、ダラダラと過ごしているうちに、8月ももう残り少ない。これではいかん、と少しでも涼しげなところに出かけることにした。

 御嶽駅からのバスを降りると、少しだけ温度が低い感じがする。ケーブル駅に表示されている温度は、28℃。ケーブル上の駅は25℃となっている。確かに街中よりは涼しい。
 富士峰園地のレンゲショウマは4〜5回目になるが、この可愛らしい花をできれば他の山の中で自然に咲くのを見てみたいと思いつつ、実現しない。

 ひとしきり花を楽しんだ後、宿坊の間を抜けて神代大ケヤキの前を通り、土産物店の並ぶ通りを抜ける。御岳山神社への階段を登り、途中から大岳山方面への道に進むと、少し歩く人は少なくなってくる。

 長尾平との分岐には、野外卓が置かれ、いい感じの茶店がある。帰りにここでお昼休憩もいいかな・・・。
御岳山神社への階段
 ここから、ヤマジノホトトギスやタマアジサイの咲く道をぐんぐんと下って行くと、やがて水音がしてくる。吹き上げてくる風が涼しい。

 七代の滝は思ったほど大きくはないが、ひんやりとしたいい感じの空間になっている。マイナスイオンがたっぷりと飛び交っているんだろうな・・・。
 ここからは鉄の梯子を3つ4つ登って行く。
七代の滝
鉄の梯子  まもなく、天狗岩に着く。鎖が掛けられ、上に登ることができるようだ。
 10人ほどのグループと前後して休憩し、先に進む。
天狗岩
 大きな苔むした岩がゴロゴロしている綺麗な緑の中を行くと、まもなくトイレのある休憩所に着く。開けていて休憩するのにいい場所だ。

 この辺りからイワタバコの葉っぱが少し見られるが、花は見えない。もう終わってしまったのだろうか?
ロックガーデンの休憩所
綾広の滝  綾広の滝を見て、大岳山との分岐を長尾平分岐まで戻る。
 大勢の人で野外卓は埋まっているようなので、先に進む。
長尾平分岐
レンゲショウマ ヤマジノホトトギス タマガワホトトギス
タマアジサイ フシグロセンノウ ギボウシ
 急な坂道をゾロゾロと登ってくる人たちとすれ違いながら富士峰園地まで戻り、静かな大塚山まで向かう。
 広い頂上には女性が一人休んでいるだけだった。
 木陰の野外卓に座り、お昼休憩にする。
大塚山頂上
 下山は以前登ったが、どんな道だったか記憶にない丹三郎尾根を下ることにする。
 下り始めてすぐに、1本だけ、自然に咲くレンゲショウマ発見。やっぱり山の花はこうでなくちゃ・・・。

 下って行くと、記憶にないわけがわかった。展望もない花もない、なんの変哲もない道だった。(^_^;)
杉林の下り
 登山口の獣避けの金網の扉をくぐった所に、綺麗なトイレがあり、辺りには百合やサルスベリ、百日草など、いろいろな夏の花が咲いている。
 
 古里駅まであとひと頑張り、暑い車道歩きだった。
登山口の金網の扉



2006年8月26日の御岳山〜日の出山のページへ

2007年8月27日の御岳山〜日の出山のページへ

2008年9月2日の大塚山のページへ

2009年4月5日の大塚山〜日の出山のページへ

2010年4月11日の大塚山〜日の出山のページへ

2011年4月17日の高岩山〜鍋割山〜大塚山のページへ

2011年8月7日のロックガーデン〜日の出山のページへ

 

月山のページに戻ります。 常念岳〜大天井岳〜燕岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。