2011年1月23日(



神楽山  かぐらやま 673.9m 山梨県 会 6名 
御前山  ごぜんやま 730m
馬立山  またてやま(?) 797m
九鬼山  くきさん(くきやま) 970.0m
最寄り駅  往き: 中央本線「猿橋」
 帰り: 富士急行線「禾生」
参考
歩行時間
 5時間30分
参考
コースタイム
 猿橋→1:20→神楽山→50→馬立山→35→田野倉分岐→1:10→九鬼山→1:20→登山口→15→禾生
歩行時間  4時間25分
コースタイム  猿橋→55→神楽山→15→御前山→35→馬立山→35→札金峠→25→紺屋休場→35→九鬼山→45→登山口→20→禾生

 今年、2回目の山歩きは、九鬼山へ行くことにした。これは所属している山の会の、年1回のリーダーとしての山行で、他の担当会員と一緒に計画実行したものだ。いつも連れていってもらうばかりではダメ、ときには自分で動き、会に還元しなさいということだろう。

 参加者は6名、猿橋駅南口から歩き始める。

 もしかしたら霧氷でも見られるかなと期待してきたものの、コースにも周りの山々にも雪は全く見られず、拍子抜けだ。
 アンテナのある神楽山の頂上で三角点の確認。小金沢連嶺、滝子山、雁ガ腹摺山などがくっきりと見える。
 分岐に戻り、御前山を目指す。

 御前山は、御前岩、厄王山とも言う。岩の上の頂上で20分休憩。これから進む九鬼山、御正体山、富士山も綺麗に見える、気持のいい大好きな場所だ。
神楽山頂上
御前山頂上で下を覗き込む人
 御前山からは、右手にすり鉢を伏せたような菊花山を見ながら進む。網を被せた植林の間を行く。杉じゃなきゃあいいけど・・・。

 菊花山への分岐を分けて登って行くと、沢井沢ノ頭がある。さらに進むと馬立山の頂上で、今の時期、どちらも葉が落ちた木々の間から少し展望が得られる。
やっぱり撮ってしまう植林
 大人数の会山行ではコースタイムも遅れがちだが、少人数ということもあり、また今日の先頭の歩きの速いこともあってお昼はもう少し先でということにし先に進む。

 コウヤボウキの綿毛がたくさんある。
 「昔、この枝を集めて綿毛を全部取って土間を履くホウキにしたんだよ」とベテラン会員さん。
 どうしてホウキという名前がついているのだろうと思っていたが、なるほど、こういうことだったんだ・・・。
馬立山頂上
 滑りやすい急坂を下りきると、そこが朝日小沢との分岐の札金峠で、ここから緩く登って行くと、まもなく田野倉駅との分岐になる。さらに進み、広い紺屋休場でベンチに腰掛けお昼休憩にする。

 歩いていると暑いが、じっとしているとやはり寒い。30分ほどで、九鬼山に向けて歩き始める。
紺屋休場
 九鬼山へのザレた巻き道はズルズルと砂が落ち、削れた道はさらに狭くなって、ぼーっとしていると一緒に滑り落ちそうな歩きにくい道だ。

 頂上からの富士山は木の陰からかろうじて見ることができる。
 誰からともなく、「頂上、とうちゃく〜、ありがとう〜!」と握手が始まる。なんか楽しい・・・。(^^)
九鬼山頂上

 下山は、杉山新道を下る。途中1号路と2号路に分かれるが、1号路を行く。下を流れる沢には薄い氷が張り、ツララも見える。柔らかい歩きやすい道だ。登山口にある野外卓でも禾生駅でも、お疲れ様のお茶タイムを(もちろんビールタイムの人も)ゆっくりとり、帰宅となった。



2004年10月16日の九鬼山のページへ

2006年3月26日の九鬼山のページへ

2010年3月14日の菊花山のページへ

2010年11月7日の菊花山のページへ



陣馬山のページに戻ります。 要害山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。