2011年4月10日(

城山の下の分岐

城山  しろやま 870.3m 東京都 3名
大洞山  おおぼらやま 536m 東京都
コンピラ山  こんぴらやま 514.7m 東京都
中沢山  なかざわやま 494m 東京都
最寄り駅  往き: 中央本線「高尾」  帰り: 京王線「高尾山口」
バス  往き: 「高尾」→「日影」
歩行時間  5時間55分
コースタイム  日影→1:40→城山→50→大垂水峠→35→大洞山→20→コンピラ山→20→中沢山→15→展望台→20→西山峠→1:10→梅ノ木平→25→高尾山口

 「高尾山あたりに行きませんか〜」と久しぶりのEさんからのお誘いで、ちょうど行き先もなかなか決まらず迷っていたところ、それでは裏高尾から南高尾を歩こうということに決まった。

 高尾駅のバス乗り場には、ずらーっと長い列ができていたが、臨時便も出て3台で全員を積み込んで出発した。
コチャルメルソウ
 日影でバスを降り、川の方へ向かう。ニリンソウやコチャルメルソウ、カタバミ、ヨゴレネコノメなど、ちょっと少なめのような気がするが咲いている。アズマイチゲはもう終わりに近い。
 ハナネコノメも、すっかり終わってしまったのか見当たらない。
 やっとそれらしいものがあったが、あの赤い色が付いていないので見過ごすところだった。これから赤くなるのかな・・・?
ハナネコノメ
 日影沢園地へ向かう途中のアズマイチゲの群生地には、ロープが張られ、入れないようになっている。ロープの外から見てみるが花は良く見えない。(>_<)

 日影沢を渡り、そのロープのある保護地の間から西の尾根に取りつく。
登山口
 暖かな斜面には幾種類かのスミレが咲く。名前はなかなか区別がつかないし覚えられない。
 あ〜、これ美人さん、これは二人姉妹などと口々に。(^^)
 スミレ好きさんには嬉しいだろうな〜。

 カンアオイの大きな葉っぱの根元の落ち葉を除けてみると、土色の地味な花が見える。シュンランはコース中、1本だけ咲いていた。
何スミレかな〜
 だいぶ歩かれるようになったのか、しっかりとわかりやすい道になっている。このコース、2010年の昭文社の地図には載ったが、2011年の地図には載っていないという。なんでかな? (・_・?)

 城山の頂上の桜はちょうど満開だったが、登山者の数は思ったほど多くない。たくさん並べられた野外卓も空きがたくさんある。
城山
大垂水峠  お昼にはまだ早いので、先に進むことにする。

 大垂水峠までの道は登ってくる人が多い。途中、野外卓があり、休憩している団体さんもいた。

 大垂水峠からは、橋を渡り南高尾に入る。
 以前と同じ場所にヤマルリソウが群生していた。ちょうどいいころだったようだ。  ヤマルリソウ
 大洞山頂上でお昼休憩にする。

 このすぐ先のコンピラ山の頂上にも2つのベンチがあり、リュック掛けが並んでいた。

 ダンコウバイやキブシが咲いている。ミツバツツジも咲き始めた。
大洞山頂上
中沢山頂上  中沢山の先のビューポイントでの小休止は、相変わらずの曇り空でボヤ〜としていて富士山は見えない。 展望台
 この先は、西山峠から梅ノ木平方面に下る。前回来た時に聞いたニリンソウの群生地が目的だ。((o(^-^)o))わくわく

 そこは西山峠から数分のところで、ニリンソウの葉っぱが一面に広がって見える。
 あれ、花がない・・・。(^_^;)
西山峠
 葉っぱの間に、小さな固い蕾がついているのが見えるが、ここが一面満開になるのは、まだもう少し先のようだ。

 群生地から少し下ると、だんだん花の開いたニリンソウが増えてくる。

 カタクリやアズマイチゲの小さな群生地もあった。

 天気が良くても悪くても、花があってもなくても、やっぱり山歩きはいい。(^^)
ニリンソウ群生地
カタクリ  桜、梅、椿と華やかに咲き競う国道沿いを高尾山口まで歩いた。 国道に出る



2009年4月19日の南高尾山稜のページへ

2009年3月8日の高尾山〜小仏城山のページへ

2009年12月21日の高尾山〜小仏城山のページへ


2012年1月8日の城山〜景信山のページへ

2014年12月7日の南高尾山稜のページへ



矢平山のページに戻ります。 高岩山〜鍋割山〜大塚山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。