蕎麦粒山

2011年5月15日(

蕎麦粒山頂上

蕎麦粒山  そばつぶやま 1472.9m 東京都 2名
笙ノ岩山  しょうのいわやま 1254.8m 東京都
最寄り駅  青梅線 「奥多摩」
バス  往き: 「奥多摩駅」→「川乗橋」 帰り: 「東日原」→「奥多摩駅」
歩行時間  6時間45分
コースタイム  川乗橋→2:05→笙ノ岩山→1:20→都県界尾根分岐→10→蕎麦粒山→20→仙元峠→1:00→一杯水避難小屋→1:50→東日原


 地図とにらめっこを繰り返し、なんとかこのコースならと行けそうだと決めた登りの鳥屋戸尾根は、破線のルートで正確なコースタイムはわからないが、ネットでの情報や距離、コースの起伏などで、私の予想は3時間〜3時間半、Kさんは4時間以上はかかるとみた。さて・・・。

 奥多摩駅からのバスは、予想通り臨時が出て、歩き始めは8時30分。亀足の私たちでも明るいうちに帰ってこられそうだ。

 川乗橋でバスを降り、大半は川苔山に向かうのだろう、林道を奥へ入っていく。
 蕎麦粒山の手書きの小さな案内に従って、登山道に入り、明るい杉林の中を登っていくと、はるか上の方を歩いていく赤いザックが見える。短い時間で鳥屋戸尾根(とやどおね)の稜線上に乗る。

 休んでいた先行の男性は、「この山で人に会うとは思わなかった」と言う。私たちもここを登る人は少ないと思い、しっかり熊鈴をつけて登って来ているぐらいで、人がいるとほっとする。(^^ゞ
鳥屋戸尾根コース入口
 周りは明るい自然林に変わり、差しこむ光と風が気持ちいい。落葉が程良く積み重なった登山道は急だが、柔らかくて歩きやすい。

 登山口からずっと花は見えなかったが、ここにきて小さなフデリンドウが一株だけ咲いていた。道にはピンクの桜の花びらが落ちていた。白いヤマザクラはまだ咲き残っている。
緑の登山道
 急坂続きの登りはただひたすら我慢の歩き。時折見えるようになるミツバツツジのピンクが嬉しい。

 笙ノ岩山に着くと、先ほどの男性が丁寧にメモをとっていた。
 三等三角点があり、周りは木立に囲まれているが、なかなか気持ちのいい頂上だ。
笙ノ岩山頂上
 1本だけ花開いたシロヤシオがあった。
 30分あとのバスで来られただろう人が1人、2人と登ってくる。団体さんも来るという。
 のんびりもしていられないので、先に進む。

 松の木が東側に見えるようになると、その間から、尖がった山が見える。川苔山かな。
シロヤシオ
松の木の間から見える山  右手後方には富士山も見える。

 小さなアップダウンを繰り返し、最後の急坂を登りきると、蕎麦粒山の巻き道に出る。
分岐手前の急な登り
 ここから一登りで蕎麦粒山の頂上に着く。

 途中で会った人たちの他に、7〜8人の団体さんが休憩中でそれほど広くない頂上は賑わっていた。この団体さんと入れ替わりに、大丹波林道から登ってきたという、やはり7〜8人のグループも登ってきた。

 柱谷ノ峰から日向沢の峰に向かう稜線が続いているのが見える。気持のいい頂上だ。
蕎麦粒山頂上から柱谷ノ峰方面
 ゆっくりと休み、一杯水方面に下る。
 断固巻き道というKさんには合流点で待ってもらい、仙元峠の祠にお参りをする。(^^)

 爽やかなブナの林を先へ進む。ここのブナは巨木が多く素晴らしい枝ぶりで、この美しい林はしばらく続く。この尾根を歩きたいと言う人の多い理由がよくわかる。
仙元峠
ブナ林の登山道
一杯水  ホースからチョロチョロと水が流れ落ちている一杯水を過ぎると、間もなく一杯水避難小屋が見えてくる。 一杯水避難小屋室内
一杯水避難小屋  ちょっと中を覗いてみると、かなり汚れた毛布が一枚。他は何もないが、なかなか快適そうだ。

 小屋前の野外卓で小休止し、ゆったりとしたヨコスズ尾根の下りに入る。
ヨコスズ尾根
シロヤシオの蕾  この辺りのシロヤシオもミツバツツジもまだツボミだ。

 幹がグルグルとねじ曲がり、それでも立ち直った(笑)面白い木がある。
ひねくれたが立ち直った木
ヨコスズ尾根
 先ほど、頂上で一緒になった大丹波林道から来られたグループが、のろのろしている私たちを颯爽と追い抜いて行った。(^^ゞ

 この先ぐらいまでは緩やかな下りがずっと続く。
 「こんなに横に進むだけで、下に着くのかしら?」とKさん。(^^ゞ

 滝入ノ峰を巻く辺りか、支尾根の派生するところにNHKのアンテナが立っていた。
NHKのアンテナ
 このアンテナのそばで一休みして先に進む。東日原の案内が出てくるようになると、ご期待通り(笑)、道はだんだん急になり、ぐんぐんと下る。
 眼下に東日原の家々の屋根が見えてくる。

 東日原バス停の、トイレや道路をせっせと掃除しているお婆さんがいた。ありがたく使わせていただきバスを待った。
東日原バス停
  

黒檜山のページに戻ります。 子の権現のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。