太平山〜晃石山〜馬不入山〜岩船山

2012年3月11日(

桜峠

太平山  おおひらさん 341m 栃木県 3名
晃石山  てるいしさん 419.1m
馬不入山  うまいらずさん 345.2m
岩船山  いわふねやま 172.7m
最寄り駅  往き: 東武日光線「新大平下」
 帰り: 両毛線「岩舟」
歩行時間  4時間40分
コースタイム  新大平下→30→客人神社→50→太平山神社→15→太平山→20→ぐみの木峠→30→晃石山→30→桜峠→30→馬不入山→15→登山口→10→鷲神社→30→岩船山→15→岩舟


 天気がぱっとしないこの日、近場でのんびり歩こうと、今回もまた東武線に乗る。

 新大平下駅を降りて客人神社に向かう畦道には小さな春の花が咲いているのが見えるが、気温は低く手先が冷たい。

 客人神社の脇の道を入るとすぐに登山口があり、ここから長い石段を登っていく。
客人神社付近
登山口  山歩きを始めて、計画も立てずにただ歩いてみようと最初に来た太平山。朝の出足が遅く、陽が落ちて薄暗くなってからこの階段を降りた。 登山口の長い石段
 この登山口で犬の散歩をしている人に会った時のほっとしたこと。(^_^;)

 それからは、きちんとした計画を立てること、朝早い出発、装備など、今となっては当り前のことをやり始めた、ここは、言ってみれば原点の山でもある。

 アジサイのころは賑わうこの辺りだが、土産物店が並ぶ桜の名所「謙信平」にも車は数台。まだ早いこともあるだろうが人の姿もまばらだ。
太平山神社への石段
 土産物店の前には、大きな瓶にサンシュユと紅梅の枝が、前衛的な生け花のように飾られていた。

 階段を登って太平山神社へ向かう。雨が上がったばかりのようで、境内もしっとりと濡れていて、人も少ない。

 KさんもMさんも、熱心にお参りして、神社を後にし、太平山に向かう。
太平山神社
 途中、太平山神社奥の院として、真新しい石の祠が建てられていたが、賽銭箱がよく目立って、あまりありがたみを感じない。(^_^;) そこからさらに登ると、太平山頂上に着く。周りの展望はない。

 ぱらぱらと、雨というより、みぞれのような粒が落ちてきたが、カッパを着るほどでもない。
太平山頂上
ぐみの木峠  晃石山に行く途中にある、ハングライダーの基地にも、さすがに人の姿はない。

 小さな祠と、一等三角点のある晃石山頂上のベンチで、小休止する。
晃石山頂上
 頂上には3組4人の人がいたが、ここから晃石山神社の方に降りた人は一人だけで、あとの方は、みな桜峠方面に向かった。

 私たちも後を追うように再び歩きだすが、晃石山から下ったところで、ハサミでクマザサを刈っている人に会った。ツツジがよく見えるように、あまり背丈が伸びないようにしているのだそうだ。見ると、周りはツツジの木だらけだ。

 このころになると舞い落ちるようなみぞれも止み、ほんの一瞬、陽が差すようにもなった。どうやら1日持ちそうだ。

 やがて長い手すりのついた階段の下りになる。かなり急で、登ってくる人たちは喘ぎ喘ぎだ。
 ・・・お疲れ様〜。(^_^;)
手すりのついた階段
 下りきったところが、桜峠だった。あずま屋とベンチがあり、広々として気持ちの良い場所だ。あまりにも気持ちがいいので、早めだったが、ここでお昼休憩にする。

 大きな桜の木が並び、花のころはきっと大勢の登山者で賑わうことだろう。この日も、10〜20数人が休んでは行き交っていた。
桜峠
 馬不入山も、展望のある気持ちのいい頂上で、ベンチがあり、休むのにもいい場所だった。

 ここで休んでいた二人連れは、太平山から往復するのだそうだ。ここは何度も来られているとのことだったが、確かに予想以上の良いコースで、私も、また来たいお気に入りの一つになった。
馬不入山頂上
馬不入山からの階段  馬不入山からは、一気に下る。急な下りにまたまた階段が続く。

 車通りの激しい車道を渡って、岩舟駅へ向かう道に入る。深緑色の池で、フナを釣る釣り人が数人、じっと糸を垂れていた。
白梅満開
 鷲神社を過ぎ、もう一つの池を過ぎると、右手に削り取られたような痛々しい山が近づく。

 白梅の花がちょうど満開になり、いい香りが漂よう里を、岩船山に向かって車道を緩く登って行く。下りモードから、もう一度登りモードに切り替えるのはなかなかキツイ。
 岩船山にある高勝寺は、栃木県指定の有形文化財の山門や三重塔を持つ霊山で、なかなか雰囲気のあるお寺だった。

 展望台の案内に従って登っていくが、フェンスで、先端に行けないようになっている。あとで、下から見ると、ぐぐっとえぐられるように削れた山肌が見え、飛び出た先端は地震でもきたら、どさっと落ちてしまいそうだった。
展望台
 ひとしきり境内を散策し、岩舟駅に下る。下山路手前の見晴台からは、三毳山が見える。もう少ししたら、カタクリの花でピンク色に彩られるだろう。

 隙間にスミレの花が一株、二株と咲く700段とも言われる石段を下り、登山口の、わざわざ戸を開けて手招きする団子屋のお婆さんの誘惑を振り切って、岩舟駅に着く。(^_^;)

 階段の多かった今日のコース、久しぶりに、膝がカクカク・・・。(>_<)
岩船山高勝寺から下る石段



1998年の太平山のページへ

2004年6月29日の太平山のページへ

2007年7月1日の太平山のページへ

2013年12月1日の太平山〜晃石山〜馬不入山のページへ


三峰山のページに戻ります。 武川岳〜伊豆ヶ岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。