日の出山(北尾根)〜大塚山(鉄五郎新道)

2012年4月15日(



日の出  ひのでやま 902.0m 東京都 2名
大塚山  おおつかやま 950.3m 東京都
最寄り駅  青梅線
 往き: 「御嶽」   帰り: 「古里」
歩行時間  5時間25分
コースタイム  御嶽→20→登山口→1:50→日の出山→45→ビジターセンター→20→大塚山→1:10→神社→1:00


 山はいつまでも待ってくれるが、花は待ってくれない。タイミングをはずとまた来年ということになる。今回は、いろいろ調整の結果、イワウチワを見に行くことにした。

 天気予報は晴れのはずなのに、車窓からの空は厚い雲が広がり青空が見えない。これでは花は俯いたままではないかと、午後にお日様が顔を出すのを期待して、急きょ、コースを逆に取ることにした。
 御嶽駅からいつもはバスで行く道を歩いて行く。沿道の桜も今が満開だ。
 小さな橋を渡ったところに、北尾根の登山口があった。急な階段の上に、あらかじめ聞いていた通り、「入山しないでください」の看板が立っている。
 これは、「気を付けて通ってね〜」と言っているのだと、先人の教えから解釈する。(^^ゞ
光仙橋
登山口       入山しないで・・・
 登山道に入っていくと、踏み跡もしっかりとあり、ピンクのテープが付けられている。

 スミレの花がポツポツと咲き、雑木林はやがて片側植林となり、519のピークを過ぎると、道も緩やかになる。
 展望はないに等しいが、葉を落とした木々の間から、御岳山が見える。

 そして、予想していなかったこの場所に、イワウチワが咲いているのが見えた。(^^)

 しっとりとした林の中で小休止し、再び歩き始める。ここまで誰とも会わなかったが、日の出山直下の急坂で、男性一人とすれ違った。
北尾根登山道
 日の出山の下の道に出る。北尾根の案内は当然ないので、下山に使っていたら、入口を探すのに苦労したかもしれない。逆コースにして正解だったようだ。

 日の出山頂上には、やはり大勢の人が休んでいた。広くて、あずま屋もあり、ベンチもたくさんある。子供連れのグループもいる。
日の出山下
 空いたベンチに腰をかけて、少し早いがお昼にする。
 お湯を沸かし準備をしていると、コロコロっとカップラーメンが転がり落ちた(!?)
 そして、5mほど下の道に落ちて止まった。
 取りに行くという手間はかかったものの、無事お腹に収まったので、これはまず一件落着。(^^ゞ

 しかし、この後、もっと大変な落し物をすることになったのだった・・・。あぁ〜。(-_-;)
日の出山頂上
 ともかく、このときはまだそんな不幸は知らず、お腹も膨れて、日の出山から御嶽神社方面に向かう。
 富士見園地のカタクリはまだ蕾が多く、くるっと開いているものは一つも見られない。

 大塚山の頂上で、再び休憩する。広い山頂には、子供たちのグループなど20人程が休んでいた。
大塚山頂上
 15分ほどの休憩後、大塚山を後にし広沢山へ向かう。広沢山からは前回、東側の尾根を下りてしまいイワウチワを見ることができなかった。
 今回は間違いなく、西側に降り、急で滑りやすい道を下る。

 しばらく行くと、やがて可愛いピンクの花がポツリポツリと見えてきた。
イワウチワ

 初めて来たときにびっしりと咲く様のあまりのすごさに感動した群生地は、どこへ行ってしまったのと思うほど少なくなったイワウチワが、そろそろ花が落ちかけ終わりを迎えようとしているようだった。

 それでも数人が足場の悪い斜面でこの可愛いモデルさんたちをせっせと撮っていった。

 私もと、適当な場所でザックを降ろし、準備を始めていると、急斜面をコロコロと転がっていくものが・・・。
 なんと、ズームレンズが勢いよく落ちていってしまった。(>_<)

 はるか下の木の根元で回収できたそれは、レンズが外れ、ばねが飛び出た哀れな姿になった。再起不能だ。(;_:)


 ここでの撮影はする気になれず、撤収とするが、落ちてバラバラになったのが、自分自身でなくてよかったとポジティブに解釈し、数分後には、金比羅神社のヒカゲツツジもミツバツツジも、寸庭の水辺の春の花たちも、きっちりとカメラに収め、古里駅に戻った。

 それにしても、カメラのトラブル、今年はよく続く。 ( -.-) =зフウー。


カタクリ    ヒカゲツツジ    ミツバツツジ
ネコノメソウ    コチャルメルソウ    エンレイソウ
終わりかけのハナネコノメ    ニリンソウ    スミレ



2009年4月5日の大塚山〜日の出山のページへ

2010年4月11日のの大塚山〜日の出山のページへ

2011年4月17日の高岩山(サルギ尾根)〜鍋割山〜大塚山のページへ




ミツバ岳のページに戻ります。 岩根山〜釜伏山のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。