海沢〜大岳山

2012年7月15日(

大岳山神社

大岳  おおだけさん 1266.5m 東京都 3名
最寄り駅  往き: 青梅線「奥多摩」
 帰り: 五日市線「武蔵五日市」
タクシー  奥多摩→海沢園地
バス  「白倉」→武蔵五日市
歩行時間  4時間35分
コースタイム  海沢園地→35→大滝→1:50→鋸尾根分岐→10→大岳山→15→大岳山荘→35→白倉分岐→1:10→白倉


 大勢の登山者を乗せたバスが、一台、また一台と出発したあとの奥多摩駅前で、タクシーを待つ。
 奥多摩駅前のタクシーは、以前、予約ができないということで、並んで待つしかなかったが、さらに、最近になって、京王タクシーが営業所を廃止したため、この駅には実質的にはタクシーはなくなり、土日のヘルプという形で、2〜3台のタクシーが来ているということだった。
奥多摩駅

 なかなか来ないタクシーに、諦めて車道歩きを1時間20分、自分の足で行くしかないということになり、ザックを背負い歩き出したとき、帰ってきた1台を運よくつかまえ、海沢園地へ向かう。
 以前、はなねこさんと行ったときには、なぜか林道の途中で降ろされてしまったが、今回は、ちゃんと海沢園地まで入ってくれて、車道歩きを完全にカットすることができた。

 曇り空でそれほど暑さを感じないが、湿度は高い。涼しげな沢沿いを行くと、すぐに一つ目の滝、「三ツ釜の滝」に着く。段々になっていて、釜が3つある。水の流れ落ちる大きな岩肌には、イワタバコの大きな艶々の葉っぱがぶら下がっている。可愛いピンクの花が咲くのはこれからだ。

 鉄の階段に戻って山道に入る案内があるが、戻らずに、このまま沢沿いを歩いて行くと、すぐに「ネジレの滝」に着く。しかしそこからでは滝は見られない。
 濡れて滑るので気を付けて、大岩を乗り越え、奥まで行くと、やっと綺麗に捻じれたこの滝が見える。
 私は二度目だが、初めてこのコースに来たKさん、Mさん、入口のところで止まったまま、やってこない。
 せっかくなんだから見なくちゃ・・・。(^_^;)

 最後の大滝はコースから少し下ったところにある。写真ではなかなか大きさは表現できないが、滝の前に人が立つとその大きさがよくわかる。



三ツ釜の滝    ネジレの滝    大滝
三ツ釜の滝



ネジレの滝



 大滝



 陽射しのカンカン照りはないので助かるが、湿度が高いため、歩いていると汗がぽたぽたと落ちてくる。

 ふと見ると道に落ちた葉っぱが笑っていた。誰かが作って置いたものだろう。ちょっと楽しい。
笑顔の葉っぱ
 白いガクウツギ(多分)の花が点々と咲く道を行くと、まもなく、沢を右岸に渡る。小さな田んぼがあり、さらに進むと、モノレールが見えてくる。
 前に来た時も休んだ、標識のある場所で、小休止する。
 大滝のところで会った、高校生ぐらいのグループが出発するところだった。
ガクウツギの咲く道
モノレール        標識
 小休止のあとは、急登を行く。鋸尾根から派生した支尾根の分岐に出るところで、何やら騒がしい声がする。
 先ほどの若者グループのうちの3人がハチに追いかけられたと、走って戻ってきていて、他にも2人3人と真新しい標識のそばで、先に進めないでいた。

 ハチはこりごりだ。帽子をかぶり、首にタオルを巻き、虫除けを貼って、静かに、あくまでも静かに、歩く。(^_^;)
真新しい標識
 鋸尾根に出ると、次から次へと人が下りてくる。すれ違う人を待っているとなかなか進めない。人の切れ目を狙って、岩がちの最後のひと登りを行くと、二等三角点のある大岳山頂上に着く。
 やはりすごい人だ。

 雲が多く、富士山は見えない。座る場所を探して、お昼休憩にする。
大岳山頂上
 下って行く人がいれば、また登って来る人がいる。いつまでも賑やかな頂上を後にし、大岳山荘のほうに下る。ここでも、かなりの数の人が休んでいた。
 大岳山荘は、以前来た時には、ちょうど大きな富士山が見えて、フェンスにはたくさんの布団が干されていたが、今は営業されていないそうだ。

 頂上にも、貼り紙がされていたが、ここにも、7月9日付けで、鍾乳洞方面、大滝付近までの登山道が通行止めとなっていた。
大岳山荘
 馬頭刈尾根に入り、しばらく行くと、富士見のベンチがあるが、やはり富士山は見えない。
 ここで一緒になったソロの女性は、大きなザックを背負い、縦走の訓練という。この日も、ひたすら真っ直ぐに進むということだったが、どこまで歩いたんだろう。

 私たちは、鍾乳洞方面への予定を変え、白倉に下る。 
白倉分岐
 それほど急でもなく、歩きにくくもなく、途中の展望は丸太のベンチの置かれた一か所だけで、浅間尾根、笹尾根、が見える。

 道から少し上がったところに、赤い前掛けをかけたお地蔵様(?)がある。
 出会った林道を突っ切り、さらに植林の中を進むと、大きな庚申塚と鳥居がある。
 
お地蔵様?
 鳥居をくぐり、山道から、車道に出て、まだ、アジサイが咲く集落の中の舗装道路をゆるく下り、バス停に着く。

 バスの時間までは、40分ほどだ。お茶を飲んで、おやつを食べて、汗が引いてくるころ車中の人となる。ちょうどいい時間だ。
白倉バス停



2001年11月16日の大岳山のページへ

2010年9月19日の海沢〜大岳山のページへ


日光丸山のページに戻ります。 棒ノ折山〜黒山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。