湯ノ丸山〜烏帽子岳

2013年1月13日(

湯ノ丸山頂上から正面に烏帽子岳

湯ノ丸山  ゆのまるやま 2101m 群馬県 会7名 
烏帽子岳  えぼしだけ 2065.6m 長野県
最寄りIC  往き: 小諸・東御IC
 帰り: 佐久IC
参考
歩行時間
 3時間50分
参考
コースタイム
 つつじ平→1:00→湯ノ丸山→30→鞍部→50→烏帽子岳→30→鞍部→30→分岐→30→地蔵峠
歩行時間  3時間45分
コースタイム  リフト→5→つつじ平分岐→50→湯ノ丸山→25→鞍部→35→尾根→25→烏帽子岳→40→鞍部→25→分岐→20→地蔵峠

 2013年の山歩き、本格的始動は、湯ノ丸山の雪山山行となった。
 初スノーシューのこの日、自分のを持ってない組は、地蔵峠でレンタルする。
 スキーリフトに乗って、リフトの上に着くと、スノーシューを靴に付ける。思っていたより大きくて、歩くのに、足を開きかげんにしないと自分の足で踏んでしまい、転びそうになるのだ。(^_^;)
スキーリフトに乗る

 平らなところは、スイスイと滑るように進む。ストックを射すとほとんど埋まるほどなので、雪は1m位あるのだろう。踏まれていてトレースもしっかりできているので、アイゼンやツボ足でもいいくらいかもしれないが、これも経験、スイスイというより、ズルズルと湯ノ丸山目指す。(^^ゞ

 すぐにあずま屋がでてくる。キャンプ場から登ってくる道と合流するつつじ平には、幸福の鐘があるが、この鐘は音がならないようになっていた。

 標高差も少なく、雪がなければ緩やかな登山道なのだろうが、少しずつ増す傾斜に、慣れないスノーシュー歩きはバランスがとりにくく、歩きにくい。

湯ノ丸山目指して 幸福の鐘

 暖かい日で、期待していた霧氷は全く見られない。見渡せる山の雪も少ないように見える。

 湯ノ丸山の頂上に着くと、目の前に大展望が広がった。
 強い風が冷たいが、この景色を見られるのだから、なんのそのだ。

 長居はできないので、写真を撮って、正面に見える烏帽子岳(トップ写真)に向かうべく、いったん鞍部まで下る。
湯ノ丸山頂上

篭ノ登山・水ノ塔山、少しだけ浅間山

 柔らかい雪に、滑ったり転んだりしながら鞍部に到着。

 ここで、昼食タイムとなる。

 外したスノーシューを置き、その上に腰を降ろす。暖かい日で、気合いを入れて防寒対策をしっかりしてきたこともあり寒さは全く感じない。ホッカイロも使わないですんでいる。

 お昼休憩を済ませると、もうひと登りする。湯ノ丸山まででも十分満足だが、真正面に見えた烏帽子岳に向かう。
鞍部

鞍部から烏帽子岳に向かう  スノーシューは外し、アイゼンを付けて歩き始める。

 踏み固められたトレースは歩きやすいが、うっかりすると、側の柔らかい雪の中にズボンと腿まではまる。そうなると抜けだすのが一苦労だ。やはり何事も道を外さず、真っ直ぐに・・・。(^^ゞ

 稜線に出ると、そこもまた絶景が広がる。薄らとだが富士山も見える。
烏帽子岳に向かう稜線 富士山が見えた

 ここでこんななのだから、このままこの稜線の先まで行ったら、どんな素晴らしい景色が待っているのだろう。o(^o^)o ワクワク

 偽ピークを越え、なだらかな道をさらに進むと、烏帽子岳の頂上に着く。湯ノ丸山と同じゴロゴロした岩の頂上で、標識の側には、普通の4倍の表面積の三角点(多分)があった。

 ひときわ目を引くのは、四阿山と根子岳で、その西側に、北アルプスが見えている。
烏帽子岳頂上
四阿山・根子岳方面
 ちょうどいいタイミングで私達以外は誰もいない頂上をしばし占有する。予想に反し、風もなく暖かで、ここでお昼でもいいぐらいだ。
 もう少し長い時間、居たいところだったが、歩き始めが10時を回っていたこともあり、それほどのんびりもできないので、ここで、もと来た道を戻る。

稜線を戻る 拾い稜線

 帰りは、偽ピークの手前にショートカットができていたので、そこを下るが、ここは踏み抜いた穴だらけで、何度もハマる。(>_<)
 お尻で滑って行った方が速そうだ。(^_^;)

 お昼休憩した鞍部からは、巻き道を行く。

 つつじ平への分岐を過ぎ、キャンプ場を過ぎれば、まもなく地蔵峠に着く。 
つつじ平分岐をすぎて
 帰りは、いつものように日帰り温泉に入浴する。「あぐりの湯こもろ」は高台にあり、浅間連峰が見渡せる眺めのいい温泉だった。

 さっぱりすればお腹も空いてくる。蕎麦好きのリーダーお勧めの蕎麦屋「井泉庵せいせんあん)」で「天婦羅せいろ」をいただき、帰途についた。
蕎麦倶楽部「井泉庵」

陣馬山〜景信山のページに戻ります。 縞枯山〜茶臼山(北八ヶ岳)のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。