伊豆ヶ岳〜子の権現

2013年2月17日(



伊豆ヶ岳  いずがたけ 850.9m 埼玉県 単独
最寄り駅  往き: 西武秩父線「正丸」
 帰り: 西武秩父線「吾野」
参考
歩行時間
 5時間25分
参考
コースタイム
 正丸→1:45→伊豆ヶ岳→20→古御山→30→高畑山→20→中ノ沢ノ頭→20→天目指峠→50→子の権現→1:20→吾野
歩行時間  5時間15分
コースタイム  正丸→1:20→五輪山→15→伊豆ヶ岳→25→古御山→30→高畑山→20→中ノ沢ノ頭→20→天目指峠→55→子の権現→25→浅見茶屋→45→吾野


 流行のノロウィルスに掛かったご家族の看護のMさんと、薬を飲むのをサボって血圧が上がってしまったというKさん。(>_<)
 予定の山行が中止となったので、先月に続き、また伊豆ヶ岳に行くことにした。

 あの時、どこで道を間違ったか、気になっていたのでスッキリしようと思ったのだ。


 前回と同じ時間の電車に乗り、前回と同じように、正丸駅から歩き始める。
休んでけ岩  馬頭観音を過ぎると、間もなく二子岩、かめ岩コースの登山口になるが、今回は、ここを通り過ぎ、さらに奥まで進む。

 パチンコ台のような斜面と、ここを始めて下った時に感じた斜面の手前まで来ると、「胸突き八丁、休んでけ岩」と標記された岩と、ベンチらしきものが現われる。

 ここで休んでしまったら、却って苦しいのに・・・と思いつつ、ここは先に進む。
胸突き八丁の坂 支尾根に乗った辺り
五輪山への登り  胸突き八丁と言われる坂を、ロープや根っこをつかんで登って行く。支尾根に乗った辺りからは、傾斜は少し緩くなり、高度を増すにつれ、明るく、展望がよくなってくる。

 雪は10cmほどもあるだろうか、場所によっては踏み固められて凍って滑りやすくなっているところもあるが、アイゼンをつけるほどでもない。


 空が近付いて来たと思ったら、すぐに五輪山のピークに出た。前回も同じだったが、強い風が吹いて寒い。
五輪山頂上  ここを下ると、男坂女坂の分岐で、今回も迷わず女坂へ進む。


 伊豆ヶ岳の頂上からは、あの真っ白い山が見える。富士山と勘違いしていたが、浅間山とのご指摘をいただいた。
 コンパスを使ってみると、確かに、富士山であるはずがない方向を指していた。 (^^ゞ

 スカイツリーが見える〜と、叫んでいるグループがいた。

浅間山

 ここからは、慎重に確認しながら下る。

 山伏峠との分岐には、しっかりと標識が立っていた。これが目に入らなかったなんて・・・。(^_^;)

 今回はここを左へ、子の権現に向かって進む。

 トレランの人たちが、スイスイと抜いて走って行く。
 山伏峠方面との分岐

 すぐに、古御山の頂上に着く。あずま屋とベンチがあり、広々としていて休憩するにはいいピークだが、まだお昼には早いので、先に進む。

 アップダウンを繰り返し、着いた高畑山は、北東方面が開けている。ベンチに座り、ここでお昼休憩にする。考えることはみな同じで、すぐに十数人が休む賑やかなピークとなった。

古御山頂上 高畑山頂上

 ベンチを譲り、先に進む。
 中ノ沢ノ頭のピークは、三等三角点がある。展望もなく、休むにも余りいい場所とは言えない。特に三角点やピークにこだわらなければ、巻き道を行けばいいだろう。私は、一応、三角点にこだわってみた。(^^)

 いったん車道に出ると、そこが天目指峠で、車道沿いに休憩舎がある。すぐ上の登山道に入ると、ベンチが置かれていた。標識には、スズメバチに注意の貼り紙がある。秋には来たくない・・・。(^_^;)

中ノ沢ノ頭 天目指峠

 いくつものアップダウンもそろそろ終盤、小さな祠が出てくると、そのすぐ下に鳥居がある。鳥居をくぐったところが竹寺との分岐で、その先はパッと開けた場所に出る。子の権現はその緩やかな坂を登った先にある。

 ここで、お決まりのワラジのお守りをゲットし、今回の山行の目標も達成だ。

祠 子の権現

 子の権現からは、浅見茶屋への分岐を再び山道に入り吾野駅に向かう。
 石の階段を降りて、降魔橋を渡り、アスファルト道路に出ると、長い車道歩きになる。

浅見茶屋方面への分岐 降魔橋

 浅見茶屋は、以前来た時に寄って、手打ちうどんを食べた。コシがあって、美味しかった記憶があるが、最近は、テレビなどでも紹介されてすっかり有名になっている。今回はスルーして、駅に向かう。

 東郷神社からは、フェンス越しに線路を下に見ながら、歩道を行く。吾野駅は近い。

浅見茶屋 吾野駅までの道




1999年3月の子の権現のページへ

1999年5月11日の伊豆ケ岳のページへ

2001年10月19日の伊豆ケ岳〜子の権現のページへ

2009年2月2日の子の権現のページへ

2011年6月6日のイモリ山〜子の権現のページへ

2012年3月19日の武川岳〜伊豆ヶ岳のページへ

2013年1月27日の伊豆ヶ岳〜武川岳のページへ



愛宕山〜天狗岩〜赤ぼっこのページに行きます。 鍋割山〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。