愛宕尾根〜三室山〜通矢尾根

2013年3月3日(

奥ノ院の先

三室山  みむろやま 646.7m 東京都 2名
最寄り駅  往き: 青梅奥多摩線「二俣尾」
 帰り: 五日市線「武蔵五日市」
歩行時間  5時間25分
コースタイム  二俣尾→25→愛宕神社→1:00→奥ノ院→20→三室山→20→送電線鉄塔No.23→35→林道→25→林道→15→457(細尾山)→10→日の出山荘分岐→5→林道→1:05→KDDI電波塔→5→白山神社→40→武蔵五日市


 先週と比べたら、なんと地味な山歩きだろう・・・。(^^ゞ
 
 通矢尾根、一度は歩いてみたいと思っていたこともあって、急なことで行き先もなかなか決まらず、駅から駅へ歩けるこのコースにした。


 今回はMさんと二人、二俣尾の駅を出て、奥多摩橋を渡り、登山口のある愛宕神社を目指す。

霊場七十三番  石段を登り、お参りをして、社殿左手にある案内に従って、登山道に入る。

 歩き始めるとすぐに、「山内新四国八十八霊場」という立て札と石塔が出てくる。
 何番からあるのか、最初に気がついたのは、五十五番。これから、順番に八十八番まで続いた。
 また丁目石も途中にいくつか出てくるが、これも気がついたときは八丁目からだった。
愛宕神社奥ノ院  展望のない登山道を、この霊場一つ一つを見ながら登って行くと、やがて愛宕神社奥ノ院に着く。ここも展望はない。
 地図には愛宕山という表記もあるが、山頂標識は見当たらない。

 このコースでは、ここにだけ、ほんの少しの雪が残っていた。

 休憩していると、4人と、2人の2パーティーがやってきた。

 入れ違いに出発して、さらに杉の林の中を進む。

 鉄塔を過ぎると、伐採された明るい斜面(トップ写)に出るが、またすぐに林の中に入り、まもなく、三等三角点のある三室山に着く。

 今日のこのコースはほとんど展望がない樹林の中を歩くが、ここは、かろうじて東側が開けている。

 ここから、少し下って、日向和田と日の出山の案内のある分岐を直進して、通矢(つうや)尾根に入る。
三室山山頂

日の出山と日向和田の分岐 急な下り

 踏み跡はしっかりとあり、分かりやすいが、無理やり付けたような急な下りもあり、滑りやすく気が抜けない。

 まもなく、No.23の鉄塔に出る。南側が開けている。

 やがて出てくる尾根の分岐では、つい歩きやすそうな踏み跡のある東に進みたくなるが、ここには木の枝の通せんぼがされている。
 コースはほぼ90度に方向が変わり、ここ? というような、またしても急な斜面を滑るように下る。ロープが付けられている。
鉄塔No23
通せんぼ 急な下り
一度目の林道横断  このコースでは、途中、3回、林道を横切る。

 一度目は、林道を横切って渡ってすぐの踏み跡に入る。
 肝要(日の出町)の案内に、小さく矢印と「通矢」という文字が書かれている。

 二度目は、林道に出ると、三方向へ分かれる林道のうち、南へ向かう道へ進み、10数メートルほど行ったところを、山道に入る。
二度目の林道に出る 山道に入る

 少し行くと、457のピークがある。巻いて行くこともできるが、ここでお昼休憩にする。
 石の祠と、小さな杭に書かれた「細尾山」の案内があった。
 樹林に囲まれ、展望もないが、ちょっとしたスペースに腰を降ろす。
457のピーク 細尾山の小さな案内

 お昼休憩は、それでも30分近くとって、ゆっくり出発する。
 10分ほど行った所に、標識とベンチがあった。日の出山荘方面との分岐だ。

 この先はまた、急な斜面を下り、三度目の林道へ出る。
日の出山荘分岐 急な下り

 Mさん、「林道を行った方が早そう」と言いつつも、また山道へ入る。
 伐採されて、明るい尾根道も、やはり展望はない。
 途中、首から地図とコンパスをぶら下げたソロの男性に会う。お互いに、「こんなコースで会うなんて・・・」と、口にする。(^_^;)
 通矢尾根に入ってからは、会ったのは、この男性1人だった。
三度目の林道横断 伐採された尾根

 お尻で滑った方が速そうな、ずるずるの斜面を下り、ロープのある斜面を登る。
ロープのある滑る斜面 急坂を登る

 やがて小さな祠と朽ちたベンチが見えてきて、そこから5分も行けば、KDDIの電波塔がある。
祠 KDDI電波塔

 山道を抜けると、白山神社の参道口の前に出る。お参りをして、綺麗に掃き清められた境内から車道に出ると、あとは、車道を武蔵五日市まで歩く。

 以前、あまり展望のない、臼杵山〜市道山を歩いた時、「あのショボイ山」と表現したMさん。(^_^;)
 この地味な尾根歩きを、なんと「面白かった」と・・・。
 ふふっ。(^m^)
神社参道口 白山神社

鍋割山〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳のページに戻ります。 黒檜山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。