半月山

2013年6月2日(

半月峠への下りで

半月  はんげつやま 1753.1m 栃木県 5名
最寄り駅  東武日光線「東武日光」
バス  往き: 「東武日光」→「明智平」
 帰り: 「中禅寺温泉」→「東武日光」
参考
歩行時間
 5時間15分
参考
コースタイム
 明智平展望台→1:10→細尾峠分岐→30→茶ノ木平→25→車道→30→中禅寺湖展望台→40→半月山→20→半月峠→40→狸窪→1:00→中禅寺温泉
歩行時間  6時間10分
コースタイム  明智平バス停→10→明智平展望台→1:20→細尾峠分岐→40→車道→35→中禅寺湖展望台→1:00→半月山→30→半月峠→50→狸窪→1:05→中禅寺温泉



 泊まりの山行の予定が、ぱっとしない予報のため早々と中止となった。ところがその予報、だんだん良い方に変わり、傘マークが取れてしまった。

 それでは、どこか行かねば・・・。

 膝痛のKさんのリハビリと、Hさんの友人の初参加で、半月山をのんびり歩くというので、「はーい、私も」と手を挙げた。

明智平の登山口  明智平バス停でバスを降りると、ひんやりと肌寒い。
 身支度を整え出発するところだが、登山口には前情報どおり、鎖と「通行禁止」の札がぶら下がっている。


 ケーブルを使わなければいけない? 建物の中の方に伺うと、上の展望台まで毎日、係員が通っているが、「通行禁止」は滑って危ないところもあるので、とのことだ。


 茶ノ木平のケーブルは数年前に廃止された。ここのケーブルも乗る人が少なくなれば、そのうち廃止されるかもしれない。

 ぜひ乗って協力しなければ・・・、という気持ちはなくはないが、私たちは貧しいので、倹約して歩くことにし、鎖をまたいで登山道に入る。(^_^;)


 緑の中にところどころオレンジのツツジが鮮やかに見える気持ちのよい道だ。


 展望台までは10分もかからない。ここからの華厳の滝と、中禅寺湖の眺めは素晴らしい。
緑に少しオレンジ
ケーブルの山頂駅 中禅寺湖と華厳の滝

 展望台からの眺めを楽しんで、左手の登山口から山道に入る。

 少し歩くと、すぐに鉄塔がある開けたところに出る。中禅寺湖や男体山が見えるが、この天気、くっきりとはいかない。

 茶ノ木平から中禅寺温泉まで行くという外人さんの2人連れと前後して柔らかな緑の林の中を歩いて行く。
山頂駅からの登山口

開けた鉄塔付近  シロヤシオはあまり見えないと思っていたら、この辺りから、少しずつ見えてきた。

 今年は裏なのか、花は少な目のようだが、一番いい時がどの程度なのか知らないので、この状態なら十分嬉しい。

 あの木も、あ、あそこにもと、花つきのいいのも数本あって、今年初のシロヤシオに会えて、なかなか足が先に進まない。
落ちたシロヤシオの花びら シロヤシオ(^^)

 古いベンチのある展望台を過ぎると、まもなく細尾峠との分岐で、さらにその先が茶ノ木平の分岐だ。先ほどの外人さんが案内板の前で行ったり来たりしている。展望台に行きたいようだが、案内板はケーブルのあったころのもののようで、分かりづらい。

 結局、彼らは諦めて、中禅寺温泉に下っていった。展望台、途中にあればいいんだけど・・・。
展望台

ビューポイント  私たちは、気持ちの良い緑の中を、シロヤシオや、名前の分からない木の花を見ながら進み、展望の良いところで、早めのお昼休憩にする。

 クネクネと舗装道路が這うように続き、その向こうに中禅寺湖と男体山が見える。一瞬雲の晴れた先に、日光白根山の頭が見えた。

 この休憩ポイントを数分下ったところに、ベンチのある展望台があった。休憩にはこちらの方がよかったかな。(^_^;)
展望台 展望台から中禅寺湖

 展望台のすぐ下で車道を横切り、登り返すと、電波塔のある狸山の頂上に着く。

 この辺りの斜面にも、シロヤシオの木が多く、しっかりと花を付けていた。

 明るい歩きやすい尾根道を下って行くと、中禅寺湖展望台のある第一駐車場に下りる。真っ白で展望はない。(>_<)
狸山頂上

快適な尾根道 第一駐車場へ

 駐車場から、再び登山道に入って行く。半月山までもまた長い。

 このコースは2001年に来ていて、今回は、12年ぶりになるのだが、コースも半月山の頂上も、ほとんど覚えていない。

 あの時は茶ノ木平までケーブルで登った。もちろんその頃も貧しかったけれど(笑)、何より今以上に軟弱だったのだ。(^^ゞ
半月山

半月山下の展望台  三角点のある半月山の頂上は、大きな岩がゴロゴロしていて腰を降ろして休むにはいいが、周囲は木々に囲まれ展望はないので、記念撮影だけして、すぐ先の展望台に向かう。

 アカヤシオの残り花がほんの二つ三つ、咲いていた。

 展望台からはますます濃くなったガスで、何も見えない。

 ここで、第二駐車場への道を分け、半月峠へ下る。
半月峠への下り  半月峠への下りは、笹原の斜面にポツンポツンと立つ木々の風情がいい。展望が良ければ、どんな景色が見えるのだろう。スカッと晴れたときにぜひまた来なくては・・・。

 半月峠に来ると、そこにも花をいっぱい付けた大きなシロヤシオが待っていた。

 そこからは樹林の中を下る。樹林と言っても、ここは日光。キレイ!キレイ!がつい出てくる。

 生まれたての木の赤ちゃんもウヨウヨ。(^^)
狸窪への下り 生まれたてホヤホヤ
中禅寺湖  紅葉の頃はいろは坂は大渋滞になる。いいと思いつつ足が向かないが、この日のこのコース、紅葉もきっと素晴らしいだろう。一度は来てみたい。

 狸窪(むじなくぼ)に出たら、あとは湖畔の道を中禅寺温泉のバス停まで1時間ほど歩く。

 途中、ポツリと来そうな気配だったが、本格的に降り出すこともなく、中禅寺湖の奥には降り注ぐような光が黒い雲の下から射して、幻想的な風景を見せてくれた。

マルバウツギかな?   ハウチワカエデ   コミヤマカタバミ

奥久慈男体山のページに戻ります。 黒川鶏冠山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。