岩菅山

2013年9月14日(

岩菅山山頂に向かう

岩菅  いわすげやま 2295.0m 長野県 会4名 湯田中温泉「楓の湯」
最寄りIC  往き: 「松井田妙義」
 帰り: 「信州中野」
参考
歩行時間
 5時間35分
参考
コースタイム
 岩菅山登山口→15→一ノ瀬分岐(小三郎小屋跡)→25→アライタ沢出合→1:45→ノッキリ→45→岩菅山→30→ノッキリ→1:20→アライタ沢分岐→25→一ノ瀬分岐→10→岩菅山登山口
歩行時間  4時間10分
コースタイム  岩菅山登山口→10→一ノ瀬分岐(小三郎小屋跡)→20→アライタ沢出合→50→中間点→40→ノッキリ→40→岩菅山→20→ノッキリ→20→中間点→25→アライタ沢出合→20→一ノ瀬分岐→5→岩菅山登山口



 中一日での遠出は、体調的に少し不安でもあったが、まだ入れるよ〜というので、つい、は〜い、と手を挙げてしまった。

 何度かボツになり、ずっと行きたかった山だが、登山口までがとにかく長い。始発電車に乗って、集合場所からさらに3時間半。高速を降りて続く、くねくね道で、久しぶりに酔ってしまい、すでにヘロヘロで登山口に到着した。(-_-;)

 途中、霧が出て、雨まで降り始めたため、志賀山への変更も検討されたが、雨はすぐに止み、霧も上がってくるような気配で、やはり、当初の予定どおり、岩菅山に決まったが、時間的に縦走は厳しいため、登山口からのピストンになった。

 登山口の駐車スペースは、10数台の車でほぼびっしり埋まり、残ったスペースになんとか駐車して登り始める。
岩菅山登山口
 階段を登り始めてまもなく、一ノ瀬スキー場方面からの道を合わせる。地図には「小三郎小屋跡」とあるが、この辺りに山小屋でもあったのだろうか?

 サラサラ流れる用水路沿いの気持ちの良い道を進む。

 道には、ハナイカリ、ウツボグサ、そして、ダイモンジソウの群生があった。
一ノ瀬分岐

アライタ沢出合  まもなく、アライタ沢出合に着く。
 ペットボトルに水を汲んでいる人がいる。綺麗な水だ。

 ここで早くも「お腹が空いた〜」という声も上がったが、歩き始めたばかり、もう少し先へ進む。

 ここからはひたすら登りになる。しかも階段。

 歩幅が合うとか、合わないとか、言い合いながら、汗をかきかき登って行く。

 道の両側には、いろいろな種類の大小のキノコが、生えている。


 数えたら何段あるのか、続く階段が終わりになったころ、岩菅山中間点の案内板が出てくる。距離の中間点ということだろうが、時間はまだたっぷりかかりそうだ。

 登山口までの車窓からは、青空も見え、山々の稜線もくっきりと見えた瞬間もあったが、岩菅山が見えるポイントになっても、頂上はガスがかかったままだった。

 そして、寺小屋山方面との分岐、ノッキリに着いた。
中間点
山頂は霧の中 ノッキリ
ガスに包まれて・・・  下って来る人に聞くと、やはり頂上からの展望はゼロ。強い風が吹いているという。

 はるか上の方、ガスに隠れた頂上に向かって、帽子だけでなく、自分も吹き飛ばされそうな強い風の中、急なガレ場を登って行く。指先が冷たく痺れる感覚がしてくる。

 オヤマノリンドウやウメバチソウ、可愛いミヤマコゴメグサも咲いている。


 大きな岩が多くなり、12時40分、やっと着いた広い岩菅山山頂には、いろいろなものがあった。石の祠やいくつかの石碑、もちろん山頂標識に一等三角点、避難小屋、中を確かめてないが、多分使えるだろうトイレなどだ。ナナカマドは秋色に染まり始めている。

 避難小屋を覗いてみると、案外広くて、真ん中に薪ストーブが置かれている。

岩菅山山頂 避難小屋


 上着を羽織り、避難小屋の上の、大きな岩にそれぞれ腰を降ろし、遅めのお昼休憩に入ると、時折、ガスが晴れ、青空が覗く。その瞬間は、焼額山方面が山々が姿を現すが、それもまたすぐに隠れてしまう。

 何度か、ガスは晴れたり流れたり、一面だけではあるものの、展望を見せてくれた。

 そして、40分ほどのゆっくり休憩の後、下山にかかる。

ナナカマドが秋色に 青空が覗く

稜線が見える一瞬の晴れ間

山頂を振り返る  下っていくと、少しガスが晴れてきた。振り返ると、山頂が見えている。

 寺小屋山方面へ続く登山道も、なだらかな斜面も見えてきた。

 一瞬一瞬とはいえ、これだけ見られるのだから満足だ。

 ノッキリまで戻ると、風は全くなくなった。上着を脱いであとは登山口まで戻るだけだ。
登山道から山頂が見えた  先ほど登りでは見えなかった登山道から、岩菅山の山頂が見えていた。

 歩く目安となる中間点の案内板を過ぎると、あの階段が続く道になる。不思議と登りよりも長く、長〜く感じる。

 水音が聞こえてくると、やがてアライタ沢出合に着く。
 ここで冷たい水に手を浸し、小休止。

 橋を渡って、快適な沢と用水路に挟まれた小道を登山口へ向かう。

 登山口に戻り、泥で汚れた靴を草むらで拭きとろうとしていると、舗装道路下の斜面でガサガサと音がして何かが去っていった。

 「クマだったりして・・・」などと話しながら、身の回りを整えていると、メンバーの一人が、叫んだ。
アライタ沢出合


 「あ〜、クマだ」
 「今、クマが通ったよ、嬉しいな〜」

 私たちの前方、10mほどのところを、右下の斜面から、左上の斜面に、小さめのクマが舗装道路を横切って行ったのを見たのだそうだ。私も他の2人も、靴を履き換えたり荷物を整えたりしていて、見逃した。残念・・・!

 でも、そこからさらに、徒歩だったら、ちょっと怖いかな。(^_^;)


ハナイカリ   ウツボグサ   ダイモンジソウ
ゴゼンタチバナ   シラタマノキ   ベニテングダケ 
ウメバチソウ   オヤマリンドウ   ミヤマコゴメグサ

上州立岩のページに戻ります。 金精山〜五色山〜前白根山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。