芳ヶ平

2013年10月10日(

芳ヶ平

芳ヶ平  よしがだいら 群馬県 会4名 大滝乃湯
最寄りIC  「伊香保」
バス  「白根火山」→「渋峠」
参考
歩行時間
 2時間25分
参考
コースタイム
 渋峠→1:00→芳ヶ平ヒュッテ→1:00→白根火山→15→湯釜展望台→10→白根火山
歩行時間  3時間35分
コースタイム  渋峠→1:25→芳ヶ平散策路→20→芳ヶ平ヒュッテ→1:15→白根火山→20→湯釜展望台→15→白根火山P


 台風の影響で、日曜日の山行はキャンセルになったが、この日は台風も抜け、青空が広がる予定だった。

 電車で集合場所まで、そこからさらに車で、合計4時間半。遠かった〜。移動はそれだけで疲れる。(^^;)
バスの中からレストハウス前


 白根火山の駐車場に着いたときには、ほんの数分だろうか、青空が見え、稜線も見えた。が、それも瞬く間に涌いてきたガスで白く包まれ、見えなくなった。

 少々残念な気持ちを抱え、バスに乗り渋峠に向かう。

 日本一高いところにあるパン屋さんはここだろうか、渋峠のバス停に降り立つと、リンゴやブドウも並べられている。繋がれた大きな犬のそばには、「はねます、とります、じゃれます」と書かれた札も・・・。

 このワンちゃん、ちょうどいい遊び相手が来たと思ったのか、前を通りかかったメンバーの持っていたバンダナに噛みつくと、しばらく離そうとしなかった。確かに、取ります・・・だ。(^^)


渋峠 渋峠


 歩き始めのこの時点で、すでに12時に近い。まずは腹ごしらえということで、登山口前の大きな石に腰掛け、お昼を食べる。

 ガスは相変わらずだが、こうなると雨が降らないだけでもましかもしれない。

 栄養補給が終わったら、登山口から、今回は登るのではなく、芳ヶ平に向かって下って行く。

 湿って滑りやすいゴロゴロ岩の道の両脇には、シラタマノキや、ゴゼンタチバナ、アカモノの真赤な実が見られる。リンドウはすでに茶色く枯れている。


渋峠登山口 ゴロゴロ岩の登山道


 コースのちょうど1/3地点、ダマシ平という中間地点、など、標識が置かれわかりやすい。

 この日は自由散策ツアーの団体さんも入っていて、周回コースの入口付近でも数人とすれ違うが、な〜んにも見えないという。

 それでも、せっかくなので、木道のコースに入って行く。
ダマシ平

芳ヶ平 
芳ヶ平

芳ヶ平ヒュッテ  ぼんやりと赤、ぼんやりと池が見える。リーダーは、全部見えたら凄いんだよ〜と。(^^;)

 周回コースはあっという間に終わり、芳ヶ平ヒュッテに着く。

 平日は営業していないのか閉まっている。

 足や腰を痛めて、しばし休養中のCさんが、ぜひ泊まってみたいと言っていた山小屋だ。

確かに紅葉

ナナカマド  芳ヶ平ヒュッテ前で小休止し、先に進む。ここからは、ごく緩い登りになる。

 ガスは相変わらずで、もう晴れることは期待できなさそうだ。

 まあ、こんな風景も悪くはない・・・よね。(^^;)

 白いガスの中でも、ナナカマドの実はひときわ赤い。
白根火山レストハウス  途中、先ほどのツアーの一人が足を痛めたのか、具合が悪いのか、休んでいたが、その後、添乗員らしき女性が、その女性のところに、向かって急いでいるのに出会った。

 白根レストハウスの前は、すでに人の姿も少なくなり、駐車場の車の数も減り、閑散としていた。
湯釜展望台から・・・  以前来た時は、湯釜をすぐ上から眺められたが、今回は、有毒ガスが発生しているのか、このコースは立ち入り禁止となり、駐車場の西側から登るコースしか入れない。


 白根火山展望台に立つと、ほんの少しだけガスが晴れ前方が見えたが、晴れればこの位置で、湯釜がちゃんと見えるのだろうか?


 帰りは、相変わらずの濃い霧の中を、ゆっくりと草津の街に入り、日帰り入浴をして、遅い帰宅となった。

 ところで、草津のメロディーライン、「草津よいと〜こ、一度は〜おいで〜」初めて通って初めて聞いた。面白い〜!


燧ヶ岳のページに戻ります。 八海山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。